新規格へ統一か

2018.04.23.Mon.21:16
メモリカードの新しい規格がまた策定されたとの報。
新メモリーカード規格「CFexpress 1.0」仕様発表』デジカメWatch

”CFast 2.0とXQD 2.0の後継”とのことで、現行XQDとの互換性を持つとのこと。
CFastは外観こそCompactFlash(CF)にそっくりですが、パラレル転送なCFとは異なりシリアル転送(SATA3)を採用して高速化を果たしたもの。一方、XQDはCFとの外観上の相似はないものの、PCI Express採用で転送速度はやはり高速。
結局のところ、Canonが採用するCFastか、Nikonが採用するXQDかというところに尽きる感じでしたが、両社ともにハイエンドクラスでの採用でしたので、プロ向け以外では普及度が(以下ry

今回、両陣営の後継とのことで事実上の”統一”ということであれば、消費者としては助かるものの、正直なところ現時点でこれらの高速メディアを利用する可能性は殆どないので、まぁどっちでもいいかという感じ。というか、SDカードでも高速化/大容量化が進んでいますし、量産効果で価格も比較的安価ですから、個人的にはSDで十分なんだけどなぁ。
SDは接点が剥き出しで怖い部分も否定できないものの、BluetoothやらNFCやらでカードの抜き挿しをしなくても転送できるようになってきましたからね(^^A
(依然として、D300でCFを使っている私が言うのも何ですが…)


 
スポンサーサイト

内燃機関の刷新はいつ?

2018.04.22.Sun.20:50
日産が電気駆動車のラインアップを大幅に拡充するとの報。
日産、2022年度までに新型電気自動車3車種、e-POWER搭載車5車種を国内投入』Car Watch

”2022年度までに新型電気自動車3車種、e-POWER搭載車5車種を国内投入し、国内の販売台数に占める電動駆動車の販売割合を40%に高める”
…とのことで、相当力を入れてくるようですね。

e-POWER搭載車はかなり売れ行き好調の様ですが、一方でそれは既存ラインナップや既存パワートレインに目ぼしい刷新が行われておらず、だらしない状況にとどまっていることの裏返しともいえる訳でイヤハヤ…。
リーフのリセールバリューが極端に低い現状からして、同社の電気自動車に手を出したいという気持ちは個人的にはサラサラ起きないのですが、何となく施策が極端過ぎるなぁという印象。

世界的に人気の高いSUVに関しては、現状エクストレイルとJUKEしか選択肢がなく、国内での需要が底堅いミニバンに関しても選択肢は事実上セレナ程度(エルグランドはもはや古すぎるのに放置されています)。ガソリン車は2LN.A.のみなので、もっとパワーをと思っても物足りないものしかない状況ですから、同社の国内での低シェアも必然でしょう。その挽回策が今回の発表だとすると、(少なくとも国内市場に関しては)完全にズレているなぁと感じた次第デス。
電機駆動車の開発は進めるものの、一方で内燃機関を使ったクルマがまだ当面は主流なのですから、そちらに対する改善のアプローチを示すことの方が重要だと思うのですけどねぇ…(^^A


 

週末恒例?!の試聴

2018.04.21.Sat.20:05
先週末のエントリの続き。

その後、父なりにWeb情報やら雑誌のレビューやらを集めて自分なりの考えをまとめた模様。設置場所についても十分に検討したとのことで、頼まれて件のオーディオ専門店へとお供することに(^^
トールボーイorブックシェルフで悩んでいましたが、設置場所やら予算やらで後者を選択することにしたとの由。いくつか気になるスピーカーを考えていたのですが、当然ながら全て試聴用の在庫がある訳でもなく、それでもとりあえず半分ほど聴いてきた次第デス。以下、個人的な印象を備忘録代わりに…

【B&W 700シリーズ】
期待していた706S2はなく、705S2と707S2で試聴。相変わらずのB&Wサウンドに聞こえたものの、前作CMシリーズより洗練された感はあった(キラキラした感じは薄れた?)。筐体サイズからして705S2の方に低音の軍配は上がるものの、個人的には707S2の締まった感じの方が好印象。でも、父は705S2の方が好みみたい…。
総じて、音は奇麗だが無機質(硬い)な感じもして、長時間だと聴き疲れしてきたとのこと⇒同社は脱落の様です。

【DALI MENUET】
個人的には以前から小型スピーカーではイチオシだったのですが、父が聴くジャンルにはどうもあって無さそう?筐体の容量からして無理をしている音に感じられたとのこと。う~む、そうなのかな(謎
B&Wとは対照的な、”しっとり感”も解ったような解らないようなとのこと。筺体サイズに余裕が出るOPTICON2とRUBICON2が後日手配できるか、店員さんと相談中。

【FOCAL ARIA】
906を試聴。上の3機種対比で筐体が大きく、低音の量感は感じられたが、高音部もキレイな印象。ゆったりとした感じで鳴るスピーカーで、父の希望には一番マッチしていたとのこと。⇒現時点では有力候補の1つに
個人的には…試聴用に父が持って行ったCDのジャンルで聞く分には悪くないと思うものの、自分の好みのジャンルの音楽で聴くとまた判断は変わりそうな感じ。ちょっと輪郭がボヤけるような…

親子でも耳というか好みの音がかなり違うものデスネ(苦笑
前回訪問時にもB&WとFOCALは試聴していたのですが、アンプやプレイヤーの構成は変更していないのに、本人の評価が正反対になったのも不思議。試聴ポジションの違い(今回はキチンとセッティングした)なのか、本人の体調の問題なのか。まぁ何度も聴いて、自分なりに納得した方がイイのですから、まだしばらくはお付き合いが必要そうです。義弟と役割を分担しますかねぇ(^^A


 

第2世代で更なる進化

2018.04.20.Fri.20:12
発売に合わせて第2世代Ryzenの情報も解禁された模様。
Ryzen 7 2700X/Ryzen 5 2600Xレビュー - 第2世代RyzenでIntelに追いつくことができたのか?』マイナビニュース

ざっと目を通してみましたが、
Core i7 8700K≒Ryzen7 2700X>Ryzen7 1800X
という感じでしょうか。
前世代最上位同士ではi7 7700Kに大分近づけた感じでしたが、最新世代でi7 8700Kにより肉迫できるようになった印象。もちろん、各々得意分野がずれていることに起因してベンチマークテストの得手不得手はありますし、発熱(TDP)の問題もありますけどね。

単純化するなら、「ゲームするならCore i7 8700K、動画や写真のエンコならRyzen7 2700X」だと自分なりに判断しました。多用途使いであれば、各種ドライバの成熟具合や過去の実績からしてIntelを選んでおいた方が無難そうですが、一方でIntelはセキュリティの問題が(以下ry

現時点での買い替えは中々面白そうであり、判断が難しいから悩ましくもあり(^^A
とりあえず各所でUpされているRyzenの構成をチェックしつつ、メモリ探しからでも始めてみますかね…


 

無用の長物が…

2018.04.19.Thu.19:14
数日前の記事ですが、気になったので…
Intel、内蔵GPUによるウイルスチェック機能を実装。チップ消費電力を半減』PC Watch

CPU内蔵GPUが登場したのは2010年頃のCore i世代あたりからだった記憶があります。当時も、そして今も…ですが、メインで使っているPCにはビデオカードを挿すことにしているので、私にとってCPU内蔵GPUは「機能はあるけど使わない」という”無用の長物”になっています。サブ機やノートPCでは利用しているのですけどね(^^A
そんなこんなで、遊んでしまっている内蔵GPU機能をうまく使うことができるようになるのであれば、これはイイ話だな!!と…

現状、この機能を使えるのはかなり限定的な感じですが、市販のセキュリティソフトでも使えるようになれば、動作の重さが軽減されることにもなりそうな予感。ノートンを使用していますが、最近のVerはかなり動作が軽くなった気がします。それでも、更に軽減できるのであれば悪い話ではないでしょうし。

まずは(Intelと関係の深い)マカフィーあたりからでも始まらないかなぁ(^^