WPA2の脆弱性 続

2017.10.20.Fri.19:50
WPA2の脆弱性に対する続報。
Wi-FiのWPA2脆弱性「KRACKs」 - 各社の対応は?』マイナビニュース

本件の問題については早いメディアでは正式発表前の先週末あたりから取り上げられていましたし、デジタル関係を扱っているWebサイトでは月曜日に記事が各所でUpされていました。でも、新聞紙面で見かけたのは火曜日~水曜日と(情報としては)結構遅かったのですよねぇ…

親機(ルーター)側と子機側の両方で対応が必要になるらしいので、仕事場/自宅で使用中のルーター(WG2600HP2)は大丈夫なのかとNECのサイトもチェックしていたものの、情報がUpされたのは水曜日デシタ(^^A
自分の見聞きした範囲では、NETGEARが月曜日に対応ファームをリリースしているのを見かけました。流石にネットワーク機器専業メーカーは早いなぁと感心していた次第。

さて、肝心の対応状況なのですが…
とりあえずルーター側はWG2600HP2に関してはブリッジモードでも大丈夫とのこと。子機側ではNotePCは既にMS社のパッチが当てられているらしいのでOKなのですが、スマホはKDDI次第なのでなんとも。月例パッチは2ヶ月に1回の更新頻度なので、どうなることやら。そういえばauひかりのHGWにも無線機能が付いており、我が家でもOnにしていますが、こちら側はどうなのだろうか…
HGWもNEC製とはいえKDDI側にOEM提供されているものなのですから、結局はKDDI次第…orz
KDDIからの情報をまだ見つけることができないので、今度CSに電話して聞いてみますかねぇ(^^A


 
スポンサーサイト

懐かしくは思うものの…

2017.10.19.Thu.20:52
懐かしい製品が復活するとの報。
懐かしの「IntelliMouse Explorer」が3,200dpiで復活』PC Watch

”IntelliMouse Optical”はとても気に入っていて、当時使用していた自宅用/仕事場用PCの他に、実家の両親用PCなどにも使っていた記憶があります。色も白と黒があったっけ…
左右対称なデザインなので(その後に主流となる)エルゴノミックな感じではないのですが、(ブラウザで進む/戻るに割り当てられた)左右のボタンは当時とても便利に感じました(これまた、今では当たり前な機能なのですけどね…)

復活の報を聞いて懐かしい気持ちにはなったものの、「それでは買うのか?」となると個人的にはちょっと微妙かも(^^A
当時は気に入って使っていたものの、今ではそれ以上に良さそうなのがいくつもありますからねぇ。
まず、外観から判断すると、往時のままだとしたら、日本人には少し大きすぎますし、左右対称よりエルゴノミックなデザインの方が握りやすいです。5ボタンなマウスは当時は目新しく便利でしたが、今では結構見かけますしね。
保証面で考えても、最近のMS製品は1年保証ですが、ロジクールなら(最近でこそ短縮されたものの、それでも)2年間の保証が付いてきます。何より、ワイヤレスに慣れてしまった身にワイヤードは苦痛なのですよね。

今更IntelliMouseを買うくらいなら、(保証期間の問題は残るものの、)同じくリンク先記事中にある”Surface Precision Mouse”の方が個人的には気になるかなぁと思った次第デス。でもまぁ、次も安くなっているロジのM705で十分なのですよねぇ…


 

WPA2の脆弱性

2017.10.16.Mon.20:20
WiFi認証の脆弱性に関して気になった記事。
Wi-Fi認証のWPA2に複数の脆弱性? 研究者が公表を予告』ZDNet Japan

これまでもWiFi認証についての脆弱性は指摘されてきていましたが、それは暗号化方式に”WEP”を利用している場合デシタ。そして、よりセキュアな暗号化方式として”WPA2”の利用が推奨されてきていたのですが、それすら…となるとどうしたものやら。

ファームウェアのUpdateで対応できるのではないのか…といった解決方法が記載されている記事も散見されるのですが、WPA2は策定されてから既に10年以上は経過しているはずであり、その間にWPA2を実装して発売された機器はそれこそ沢山あります。既にメーカー側でのサポート期限が切れてしまった様な機器については、ファームウェアの更新も期待薄でしょうから…(以下ry
現実的な対応策としては「機器の買換え」ということになるのでしょうケド、ネットワーク機器の変更を嫌がる環境も多いでしょうから困ったものデスネ。

個人的には、自宅のを今春に、仕事場のを今夏にと無線LANルーターを現行モデルへと買い替えたばかり。1年間のメーカー保証期間内でもありますし、現行モデル(しかもフラッグシップモデル)な訳ですから、流石に対応してくれるハズ。
期待していますよ>>NECさん(^^A


 

時すでに遅し…では

2017.10.16.Mon.19:57
Webブラウザのシェアに関する記事。
iPhone/Andorid対応でEdgeブラウザは復活できるのか』IT Media

PCのOSはWindows10環境で統一している私ですが、Webブラウザも全てのPCでメイン/Chrome、サブ/Firefoxと統一しています。インストールはしている(されている)ものの、現時点でEdgeの出番はないですねぇ(苦笑

そもそも違うWebブラウザに偏光するという時点で、(操作性の違いに自分自身をアジャストする必要があるため、)大きなハードルがあります。それを乗り越えてでも使ってみようと考えるためには、何らかの大きな動機付けが必要になるワケで…
例えば、既存のブラウザに大きな不具合があるとか、重要視している何らかのサービスに対して非対応になったなどの出来事が無いと、ブラウザを変更しようなどとは中々思い立ちません。

今回の記事ではクロスプラットフォームという視点も提起されていましたが、言われてみればその通り。
AndroidでChromeを(標準的に)使っている以上、PCでもChromeにしている便利さは捨てがたい訳で、むしろ今では統一しているのが当たり前的な運用を個人的にはしていることもあり、乗り換えは考えにくい…(^^A

これから…の動きとしてMS社がクロスプラットフォームに力を入れてくるのだとしても、既に普及が進んでいる以上、スマホとPCの両面で乗り換えるなんていう大きなハードルは中々難しいのではないのかなぁと思った次第。
施策的には、何年か前の時点で実施しておくべき内容デシタネ…


 

大容量化へのロードマップ

2017.10.13.Fri.19:05
HDDの大容量化へ向けてのロードマップ的な話題。
WD、2025年までに40TB超のHDDを実現へ』PC Watch

現行のHDDの最大容量は12TBであることを踏まえると、今後8年間で容量は3.3倍になるという計算。
2000年頃、HDDの容量は80GB程度だったのに、2007年には1TBモデルが流通していたことを考えると、当時の8年では12倍以上の容量増加があった計算になります。また、数年前の予測では2025年に100TBなどという記事も見かけました。それ故、時間の経過のわりに容量増加が意外と少ない的な意見も出そうな感じですが…(^^A

一方で、PCの用途では一般的な使用であれば1~2TBもあれば十分過ぎますし、4K放送をHDDレコで保存する場合でも画質モードDRで概ね50時間/TB程度ですから、もうそろそろこのあたりで十分では?という感じもしています。将来的に8K放送まで見据えても約20時間/TBになる程度ですから、たかが知れているような…
尤も、その頃には今以上にストリーミングが進んでいるでしょうから、手元に録画するというニーズもどこまで続くのか自体?な気もします。

いずれにせよ、8年後の時点でも個人的には然程必要なデータ量が増えてはいなそうなことを考えると、その頃にはPCからはHDDが駆逐されて、SSDへとリプレイスされているのではないのかなぁ…なんて想像してしまった次第デス。