SPEKTOR、発表に

2017.06.12.Mon.20:16
久しぶりにオーディオ関連の記事を読んでいたのですが、DALIから新しいスピーカーが先日発表になっていた由。
DALI、専用設計のウーファーを搭載したスピーカー「SPEKTOR」シリーズ』PHILEWEB

自宅で5.1ch環境を構築する際に色々スピーカーも見て回りましたが、心惹かれていた数種類のうちの1つがIKON mk2でした。艶めかしい音色で気に入っていたのですが、予算が追い付かずあきらめたのですが、その後もデスクトップ用にMentor Menuetで悩んだりと、いつも気になるメーカーなのですよネ…。

今回は純新規の商品群になるようなのですが、価格帯から判断すると位置付け的にはZensorの下あたりになるのでしょうか。価格の割にはイイということで人気があったZensorシリーズですが、その後の値上げもあり人気も以前ほどではなくなってしまった感があるので、そのあたりを埋めにくるのですかねぇ。個人的には、Zensorは”薄味”というかさっぱりとした感があって選ばなかったのですが、今度の新製品ではどうなっているのか、しばらくしたら試聴に行ってみようかな(^^


 
スポンサーサイト

スタンドも調達

2017.06.08.Thu.19:31
昨日のエントリの続き。

使い慣れたキャニスター型(しかも日立製品を連続…)はさておきながらも、新たに加わった”コードレス”型のダイソンは使い勝手もよさそうな反面、色々事前準備が必要になりそうな感じ。事前準備といっても、既に製品本体は手元にあるのですが、まぁ使用前の準備ということですね(^^

開封してからの組み立てはとても簡単なのですが、本体とパイプ、そしてヘッド部との接続部分が若干甘い…。チリがあっていないというか、数mmの隙間がある感じ。このあたり、日本製とか国内メーカーの品質管理では考えられないような感じなのですが、Webで調べるとダイソン製品は他でもそんな感じなので”仕様”なのかもしれません。

気を取り直して…と思ったのですが、①まず充電しなくては、②スタンドをどうしよう 的なことに気づいてしまいました。予め充電はされた状態でパッキングされているのですが、バッテリの性格上、満充電はされていないはず。となれば、軽く使ってみた後でキチンと充電し直してからの本格運用かと。スタンドについては、以前に事前調査した際には気づいていたのですが、このタイミングではすっかり失念してました(苦笑

そんな訳で急遽アマゾンでポチった次第。週末には届くと思うので、それまでは壁に立てかける形で我慢デスネ(^^A


 

V6 Slim

2017.06.07.Wed.18:26
一昨日のエントリの続き。

色々調べながら検討していた掃除機ですが、結局現行モデルであるCV-PD700を購入することにしました。
理由としては、①紙パックが旧機種用を流用可、②排気が他社含めて随一のキレイさ、③旧機種との差額も数千円程度、④保守期間(生産終了から6年)…etc。Web上でポチるのもいいのですが、市内のK'sならリアル店舗でも満足のいく価格になることが多いので、とりあえずお店に出向くことに。
結果、価格com最安値並になったので満足しているのですが、別途コードレス掃除機も(^^A

実は数ケ月前から自分用にというか、2F用に手軽に使えるものも欲しいと思っていたのですが、妻もそうした手軽に使える掃除機を欲しかったということが判明。1台目需要として使うには現行最上位機V8の様に40分モデルを選択する必要がありそうですが、価格も高いですし…
その点、1台目として日立を購入しておけば、バッテリの持続時間はあまり考える必要もないので、20分モデルなV6でも十分かと。ヘッドパーツは何にしようかと悩んでいたのですが、実店舗での取り扱いはV6 Slimのみデシタ。どうやら中間モデルとなるV7が先日発売になったことに合わせて、V6は大幅に整理されて新登場のSlimのみになったのだとか。

2台買うのだから…と交渉した結果、ウルトラC級の価格提示をしてくれたので、併せて持ち帰った次第。総額としては高くつきましたが、まぁいいかな(^^A


 

掃除機買い換え検討

2017.06.05.Mon.20:30
昨日のエントリの続き。

その後、念のために日立に電話確認してみたのですが、既存掃除機(CV-RP2100)は保守期限が昨秋に到来済な由。症状的には基板もしくはモーター交換になりそうで、部材の在庫もまだあるため対応はできるが、本体内部のパーツ破損部については既に交換不可なため、完全修復はできないとのこと(吸い込み能力が落ちるらしい…)
↑この↑ような修理内容で1.5~2万円程度費用が掛かるのであれば、あと1万円追加で新品になってしまうのですよねぇ(苦笑
⇒やはり買換え対応になるかな?!

ちなみに…
現行機種で排気がRP2100同等なのは、PD700とPD500。若干妥協してPD30。
(PD30でもPanaなど国内他社の上位機と同等なのですけどね。)
PD700とPD500の差はモーターヘッド部や付属品が主で、吸い込み仕事率や排気性能にも差がある様ですが、ヘッド部についてはミドルクラス以下の仕様になってしまうことも踏まえると、総合的にはPD30の方がPD500より良さそうな感じもします。
昨年はPC500、PC30というラインナップでしたが、PC500の後継がPD700であって、PD500は純新規の廉価仕様な感じでしょうか。実に解りにくい型番の命名規則ですな…。
PC500からPD700へのモデルチェンジで吸込み仕事率は10W増していますが、往々にして直接の後継機種とは大差がないことが多いのですよね(^^A

諸々考えると、PC500を割安で買うか、素直にPD700にするのかの2択になりそう。さて、どちらにしようかな…


 

あってヨカッタ代替機

2017.06.04.Sun.21:11
紙パック式掃除機が壊れてしまい、急遽買換えることになりました。

我が家で現在使用中の掃除機は、2010年に購入した日立のハイエンド機種(CV-RP2100)。排気がとてもキレイということで、我が家と実家で2台選んだのですが、実家用のはとっくに故障して買換え済(壊れた方は修理して倉庫保管⇒今回急遽我が家に代打要員として持ち込んでいます)。我が家の方も2014年頭にホースのみ買換えていますが、まぁ持った方ということなのでしょうか。

さて、今回の買換えにあたり家内からのリクエストは、「軽いモノ」というただ1点のみ。紙パックの買い置きストックがまだ多少残っていることを勘案すると、個人的にはまた「日立」製品がいいかな。
…ということで、現行モデルの日立製品で調べたところ、上位機含め軒並み皆軽くなっているのですねぇ。CV-RP2100の本体重量は約5kgなのに対して、現行モデルでは上位1/2番が共に2.3kg、普及価格帯となる3番目以降は3kg台ですから、どれを買っても「軽く」なる恰好。排気のキレイさを今まで通りに…となると、上位1/2番目になりそうな感じです。

とりあえず↑ここまで↑調べたので、今度は機種ごとの違いや、昨年モデルとの比較、口コミ評価などをチェックしてみようかと。とりあえず代替機があるので余裕をもって調べられますし、量販店に急いで出向く必要もなく通販での価格調査もできるので、今回は割と気が楽なのが救いデスネ(^^A