Oreoへ

2018.02.09.Fri.20:17
au版Xperiaの3機種がAndroid8.0へUpdateされるとの報。
au、Xperiaシリーズ3機種のOSをAndroid 8.0に』ケータイWatch

X Performance/XZ/XZsの3機種が対象とのこと。この中で一番古いX Performanceは2016/6発売なので、まだ1年半を過ぎた程度ですから、まぁ当然の対応でしょう。というか、その1つ前の機種であるZ5は昨秋の時点でAndroid8.0への対応を製造元であるSONYから否定されているので、解りきってはいたことなのですけどね…

実際の提供は今日から始まるXZsを除くと、2/21からな由。ここまでの間に他社が割って入らなければ、auが一番乗りですかね。auユーザーな私からすると、こういう部分は顧客満足度に+に働きますから好評価。以前は一番ダメダメだったのに、ここのところ頑張っているなぁという印象デス。

先日機種変更したばかりの私はXZ1ですが、他の家族は全員昨春にXZへと機種変更をしているので、今回の対象にバッチリ入っています。先にOreoを使っている私からすると、auのメールソフトがイマイチな使い勝手に改悪された以外は不自由な点はないので、様子を見つつUpdateさせていく心算(^^A

 
スポンサーサイト

まさかの非対応

2018.02.01.Thu.20:44
モバイルバッテリのPSE対応問題についての記事。
経産省、モバイルバッテリーをPSE法の規制対象に』ケータイWatch

近年に販売された電気製品である以上、当然にPSE対応しているはず…と思い込んでいた私だったので、個人的には記事を読んでちょっと驚いた次第。手持ちのモバイルバッテリはいずれもPanasonic製品(旧サンヨーのモバイルブースターの後継品)なので、「まさかPSEマークが付いていないなんてことはないだろう」と思って調べてみたのですが結果は「なし(非対応)」デシタorz

何故これまで対象外だったのか…的な部分が上記リンク先記事ではよく理解できずググってみたのですが…関連した内容は数年前から各所で記事になっているものの、どこを読んでも解ったようで解らないというか(苦笑

ググっている最中に気が付いたのですが、アマゾンなどで安く売っている代表的な銘柄「Anker」はPSEマークが付いているのだとか。天下のPanaですら付いていないというのに、何だかなぁ…
バッテリである以上、消耗品であるため定期的に買換えが必要になる類のモノな訳ですから、いずれまた調達する必要がでてくるはず。次はAnker製品にしますかね(汗


 

支払総額に大差なし

2018.01.31.Wed.20:26
ドコモの「携帯+光回線セット」の割引額が増額したとの報。
「ドコモ光セット割」を改定 ウルトラパックとの組み合わせで最大3500円引き』IT Media
他にもケータイWatch

ドコモの場合、データ通信(パケット)に関しては家族間で共有になる料金体系なので、auを利用している私としてはちょっとわかりにくいのですよねぇ(逆の立場でもそうでしょうけど)。
いい機会だから、念のためにチェックしてみようかとドコモのサイトで試算してみることに。

私:カケホ+ピタっと(1~2GB)
妻:スーパーカケホ+データ定額(1GB)
娘2人:LTEプラン(データは5~7GB程度)
という状況で、「auひかり」と併せて計2.7~2.8万円前後/月な計算

一方ドコモだと、
カケホ1台+カケホライト3台(うち2台は25歳以下)という形になるはず。データ量は15GBを少々オーバーしちゃいそうなのが残念なところ(たぶん16GB位かな)
仮に15GB契約とした場合で約2.6万円、30GB契約だと約2.7万円。

学割2台分(計△3千円)が効いていることもあって、ドコモの方が若干安上がりになる計算。でも、auの場合、機種変更時に電話するとMNP引き止めでポイントが付与される(これはドコモも同様)他、auひかりの引き止めも郵便為替でキャッシュバックされる(過去の経験上、1~2万円/回)ので、トータルで考えるといい勝負。少なくとも移籍する労力をかけるほどの有意差は無さそうな感じ。

やっぱり、よくできていますねぇ(苦笑


 

XZ Pro?

2018.01.17.Wed.20:36
つい先日、XperiaXZ1を購入したばかりだというのに…
Xperiaの次期フラグシップ、名前は「Xperia XZ Pro」に? 発表時期や搭載SoCも明らかに』GIZMODO

画面サイズが5.7inchということなので純粋なXZ1後継という訳ではなさそうで、むしろ”XZ Premium”の後継かと。そうだとすれば国内大手キャリアではドコモだけの取り扱いになりそうですネ(^^A

デュアルカメラ採用、スナドラ845+RAM6GB+ROM128GB。スペック上はやはりハイエンド級ですが、一方で海外他社のフラッグシップ機も同様なスペックですから、ある意味想定内。
画面を(4Kとはいえ)有機液晶にしてきた点は、個人的には微妙デス。過去の経験ですが、有機液晶は発色こそキレイなものの、画面が焼き付きしやすいですし、屋外など明るい場所では液晶がどうしても見づらく、また残像も(以下ry 現時点での有機液晶ならそうした点はクリアできているのですかねぇ(謎

一方で、デザイン面としては背面のスッキリした感じがとてもイイです。XZ1は背面及び側面にアンテナ線と思われるラインが見えているデザインなので、個人的にはちょっと▲でしたから…。また、モニター側はベゼルレスなのがGood。欲しくなる外観ですなぁ。

48回払いかつアプグレEXでの契約なのであと2年間は機種変更が不可な私。後継機が魅力的になりそうなのはある程度予想していましたが、今回のProの様なデザインで推移していくとするとちょっとかなり羨ましいかも(苦笑


 

ついに狭額縁化&Wカメラ搭載へ

2018.01.10.Wed.20:51
CESで新型Xperiaの発表があった模様。
ソニー、フラッグシップ級カメラ搭載のベゼルレススマホ「Xperia XA2」&「XA2 Ultra」』hermitage akihabara
他にもケータイWatchIT Media

XZ1を購入したのとほぼ同時のタイミングだったので「そんな殺生な…」と思ったものの、じっくり読んでみればミドルレンジの機種でした(汗
このクラスは通常では国内販売をしていないはずなので、個人的には(というか日本人的には)あまり関係がなさそう。
とはいえ、この上のクラス(つまりフラッグシップ)は国内販売をしているZやXZの系統にあたりますから、次回機種の方向性を占えるという意味で注目度は高いかもしれません

仮にXZ1の次期モデルがXA2の方向性を踏襲するとすれば…
背面に移った指紋センサーについては、デザイン上も利便性も”改悪”だと思います。特許がらみで米国内では電源ボタンに指紋認証をさせることができない…という話をWeb上で見聞きしますが、事実だとすれば背面への移設もやむなしなのかもしりません。でも、スマートさがないのですよねぇ>>背面での認証
一方で、狭額縁化とデュアルカメラの採用については好評化したいところ。最近の他社のトレンドがようやく取り入れられてきたので一安心です。

さて、肝心のXZ1後継機ですが、前例踏襲であれば来月にスペインで開催予定のMWC2018近辺の時期が怪しいのではないのかと想像しています。2月発表で国内発売はG.W明けくらいだと予想していますが、デザインやスペックがどの程度になるのか少々楽しみですねぇ(^^A