チューブレスへの参入

2017.06.25.Sun.20:41
数日前にBianchiの2018年モデルについて書きましたが、MAVICも最近2018年モデルの発表をした様です。
マヴィックが「U S T TUBELESS チューブレス 」搭載モデルを発売!』BiCYCLE CLUB
マヴィックがロード用チューブレスシステムを発表 テーマはEasy,Safe,Fast』cycrowired

MY2016なキシエリを使用中なので、当然ながら興味津々でリンク先記事を読んでみた次第。
MY2018の大きな目玉は「チューブレスへの(再)参入」で、キシエリも先行投入組の1つになるようですネ。某巨大掲示板でも話題になっていましたケド、全体としての”ワイドリム化”や”ディスクブレーキの普及”といったトレンドを踏まえてのことらしいのですが、当方技術的な話はサッパリなので割愛。
でも、デメリットはすぐにいくつか思い浮かんでしまいました(^^A

1)パンク時の対応
シーラントを使うことになるそうですが、使用後のホイールは汚れる…。
2)面倒なタイヤ交換
チューブレスはタイヤ交換がやりにくいことで有名ですが、今回の新商品はクリンチャー並みに簡単とのこと。でもそれはWTS(タイヤ+ホイールをMAVIC製品で統一)の場合に限られ、他社製品のタイヤを使用時には従来並みとの情報も。純正のイクシオン プロも悪いタイヤだとは思わないのですが、材質が柔らかく、パンクしやすくて好みではないのですよね。入手性や耐久性にも難がありますし…。

定価ベースで2万円近く安くなるのも、旧型ユーザーにとっては複雑でしょうネ。何しろMAVIC製品はガイツーでも取り扱いが少ないですし、国内では定価が高くて値引き率も悪かったですから…
次に自分でホイールを購入するのがいつになるのかは正直不明ですが、次もMAVICにするのかは正直チョッと微妙かも(^^A


 
スポンサーサイト

2018年モデルのBianchi

2017.06.21.Wed.19:24
昨日、東京で発表会があったようで、Bianchiの2018年モデルについての記事が少しづつ各所でUpされてきています。
自分でも2013年モデルのCamaleonte3を所有していることもありますし、昔から興味があったブランドでもあるので、そうした記事や公式HPには毎年目を通しているのですが…

1)Infinitoはどうなったの?
情報が見当たらず。エンデュランス系はワリと人気がある分野だと思うのですけど、その分野のトップモデルはどうなるのですかね(謎
2)Camaleonteが「1」のみに
例年1~5、6位は用意されていたはずなのに、2018モデルでは1のみに。同じくクロスバイク分野のROMAと重複するので削ったのかもしれませんが、どうせ削るならワールドワイドモデルなCamaleonteではなく、日本限定モデルなROMAを削ればいいのにと思ってみたり。
3)ROMAのデザインは(以下ry
同社のイメージカラー(チェレステ)をリムに採用するのは、デザイン的にクドい印象。差し色で使うくらいがちょうどいいのですけどねぇ。シフターケーブルの内装化は評価しますが、どうせならブレーキワイヤーも内装化してくれないと意味がない…。

他にもいくつか感想はあるのですが、総じてここ数年デザインが自分の好みの物から乖離してきている様な感もあります。また、中~上位モデルはレパルトコルサ(RC)店専売商品が多いのですが、肝心のRC店は県内に数少ないですし、Web情報で見る限り相変わらず納期も…(以下ry ちなみに、市内では非RCな「あさひ」のみなので、ROMAかニローネ位しか選択肢はなさそうデス(苦笑
色々勘案すると、中々手が出しにくいなぁ…


 

マイナーメーカー製品の悲哀

2017.06.13.Tue.20:23
ちょうど1年程前に購入したロードバイク用ヘルメットですが、購入時に店主から言われていたことをふと思い出しました。

「インナーパッドは交換部品として取り寄せが可能」
「モデルチェンジすると消耗品関係は取り寄せ不可になりやすい」

それまで、ヘルメットの内貼り(=インナーパッド)が交換できるなんてことは恥ずかしながら知らなかったのですが、消耗部品として調達可能なのであれば、約1年使用しているのでそろそろ替えようかなぁ…と急に思い立った次第。

ところが…
メーカーではいつの間にやら(私の購入したモデルだけ)モデルチェンジをしていた様で、現行モデルには「2」の名称がはいっていました。こうなると、消耗品の取り寄せは期待薄かなぁと思いつつ通販で調べてみたところ、やっぱり楽天でも取り扱いは僅かで、かつ送料勘案するとかなり割高な感じ。それでも、なんとか送料無料なアマゾンで残1を確保することができました。
シマノが取り扱っているとはいえ、マイナーメーカーの製品なので、こういうときはやっぱり中々キビシイものですね…(苦笑
(せっかくだから、2つくらい買っておきたかったのですが…残念)


 

New Ultegra

2017.06.11.Sun.20:04
ついにUltegraのモデルチェンジが発表になった模様。
シマノ・アルテグラがR8000系にフルモデルチェンジ 機械式は6月発売』Cyclist

R8000系という新型番は大方の予想通り。でも6月発売というのは、スポーツ自転車専門店で聞いていたよりも大分早い印象。「年内では?」という話ばかりしか聞いていなかったので、ちょっと驚いている次第です。
今週、TREKのアルミロードバイクであるEMONDA ALRの一部モデルについて、2018モデルが先行発表されました。でも、発表になったのはTiagra/105モデルなALR4/5のみ。ALR6(Ultegraモデル)はどうなっているのだろうと不思議に思っていたのですが、「まぁ、一番出る価格帯のモデルから先行発売するのだろう」と呑気に考えていた次第。でも、ちょっと考えれば「こういうことだったのか」とわかりそうなものですね(苦笑

さて、新しくなったR8000系ですが、写真で見る限り色は黒っぽい感じ。現行6800系の様な青みがかったグレー色が気に入っている私としては少し残念な感じですが、ひっかき傷の補修には便利かも(汗
現行Di2モデル使用者としては、新型のシンクロシフトは素直に羨ましいデスネ。でも、懐具合的にはとても買い換えられません(涙

せめて…これを機に現行モデルが投げ売りになればそろそろペダルを新調したいところなのですが、店頭購入では中々難しそうです。通販で仕入れて、持ち込み交換して貰おうかな(^^A


 

そろそろモデルチェンジ

2017.05.13.Sat.20:46
いつもの巡回先に珍しく自転車関連の記事があったので…
シマノ参戦でパイオニア自転車事業に訪れた危機 - パワーメーターの話』マイナビニュース

シマノが”パワメ”を出す…という話自体は、昨夏のR9100系DURA-ACEの発表の頃からあったので、ある意味イマサラ感はあるのですが、当初予価は20万円近かったような記憶があります。
ちょっと調べてみたところ、今年2月頃に「7月発売で予価127,398円(税別)」な旨の発表があったのですね。自分の興味の対象外な製品だったので見落としてました(汗

でも、単なるホビーサイクリストな私からすると、旗艦モデルたるDURA-ACEなんて恐れ多くて使えないですし、何より(パワメ付)クランクに約14万円も支払えません(苦笑)
もし、そのお金を自転車に使うなら、間違いなくホイールに(以下ry

そんな私が使っているのは、旗艦DURA-ACEではなく、その下(2ndグレード)なUltgraの電動モデル。ちょうど今年がモデルチェンジYearにあたるのですよねぇ。G.W.中に隣国のSNS上でリーク情報も出ていましたが、クランクのデザインはDURA-ACEそっくりな感じ。DURA-ACEの場合、R9100(現行)クランクとR9000(先代)FDの組み合わせはOKだった記憶があるので、それを踏襲するならR8000(次世代Ultegra)クランクにR6800系(現行Ultegra)FDを組み合わせられるのではないのかなという淡い期待があります。もしUltegraでもパワメが出るとしたら、一般的にはDURA-ACEの半額近い設定になるはずなので、その位だったら考えるかな…
でも、今のところUltegraでパワメの設定があるという話は見聞きしていないのだよなぁorz

価格的な要因からで当面パワメには手が出せそうにありませんが、モデル末期な現行Ultegraはそろそろ叩き売りも近いはず。ペダルもそろそろ6800系にして「フルUltegra」にしようかな?とか、在庫払底前に6800系の消耗品関係をストックしておこうかな?的な考えはあるので、馴染みの自転車店で店主に相談してこようか思案中デス(^^A