今更投入?!

2017.06.24.Sat.20:14
ホンダが7年ぶりにCIVICを国内再投入するとの報。
ホンダ、「TYPE R」など新型シビック情報を先行公開』IT Media

CIVIC=コンパクトカーというイメージが強い私としては、今のFitの位置付けこそCIVICの元来の立ち位置だという思いもあって、全幅1.8mというサイズに違和感が…(苦笑
セダン+ハッチバックという構成も、最近のSUV人気や下降傾向とは言えミニバンブームの中でどこまでニーズがあるのですかね。既にFitやジェイド、グレイスといった似たようなカテゴリのクルマがあって、しかもそれらが必ずしも人気車種とは言えないような状況なのに、このタイミングでCIVICというのも(以下ry

対抗馬になりそうなのはマツダ/アクセラとかスバル/インプレッサなのでしょうが、マツダならスカイアクティブ(ディーゼル)、スバルなら水平対向エンジン+AWDという特色がありますし、両車とも国内ではトップクラスの予防安全性能も完備。一方、予防安全性能でホンダは遅れている感が否めませんし、パワートレインについても「どうしてもホンダ」というような魅力は感じられません。
デザインにしても最近のホンダは個人的には「ハズレ」が多いと感じているので…

海外市場でそこそこ売れてるから…と国内に持ち込んでみたものの、結果的には低迷というパターンになりそうな気がしますが、どういった結末になるのですかねぇ(^^A

 
スポンサーサイト

次期型アイサイト

2017.06.19.Mon.20:05
次期型”アイサイト”がスバルから発表され、各所で記事に…
スバル、「アイサイト」に全車速域で車線中央維持などを行なう新機能「ツーリングアシスト」搭載』Car Watch
SUBARU「アイサイト」が進化 自動運転レベル2相当に 今夏の新車から標準搭載』IT Media
スバル「アイサイト」に新機能、高速道は“おまかせ”で走行可能に?』マイナビニュース

ざっと記事に目を通してみましたが、Ver.3(現行型)に日産のプロパイロット的な機能が付加された感じでしょうか。まずは今夏発売予定の新型レヴォーグとWRX S4からの搭載とのことですが、年次改良などを通してほぼ1年内にインプレッサやアウトバックなどにも採用が広がっていくのでしょう。

Ver.3でも日本メーカーでは最高水準の先進安全性能だと思っていたのですが、これで他車とますます差が広がってしまう印象。マツダも直近の試験でようやく「スバルのレベルまで追いついた」感じがしていたのですけど、また突き放されてしまう恰好になるワケで、この分野の技術革新はまさに日進月歩デスネ。
これまでは一度購入したら7年程度は乗っていた自動車ですが、先進安全装備の充実度合いを見ているとこれからは早いタイミングで買換えていく方がもしかしたらベターなのかもしれないと思ってみたり…(^^A


 

FMCではなくMMC

2017.06.17.Sat.19:55
Lexus CTがマイナーチェンジを実施する予定との報。
レクサス、マイナーチェンジ版「CT」のデザインを世界初公開。今秋発売』Car Watch

実はCTを試乗した記憶があまり残っていません…。
RXに乗って彼是丸5年近く経ちますが、その間の6ヶ月/12ヶ月点検や車検などで色々試乗車をお借りしました。ISやGS、HS、NXは試乗したのをよく覚えているのですけど、CTは乗ったような乗らなかったような(汗

CTは2011年1月の発売なので、既に7年目に突入。途中でスピンドルグリルへとマイナーチェンジしていますが、この秋の変更を勘案すると事実上モデルサイクルとしては8年以上が確定するワケで、昨今の車のモデルチェンジサイクルを考えれば実に息の長いモデルになる見通し。今回は安全装備面をUpdateして、とりあえず現在の標準的なレベルまで引き上げてみたということなのでしょう。

パワートレイン的には相変わらず1.8Lのハイブリッドのみ…。あまり個性のないシステムだけに、記憶に残っていないのかも(汗
個人的にはC-HRやオーリスでも採用済みの1.2Lターボエンジンとかの方がクルマの性格的にはマッチすると思うのですが、このあたりは”次期型”への持越しということになるのでしょうネ(^^


 

ミドルクラスSUV2車種がMMC

2017.06.09.Fri.20:07
昨日はSUV2車種のMMC発表が重なったようです。
日産、“プロパイロット”搭載など「エクストレイル」をマイナーチェンジ
トヨタ、「ハリアー」マイナーチェンジで2.0リッター直噴ターボ追加』ともにCar Watch

ともに2.0N.A.エンジンの設定があるものの、方向性の違いもあるので、直接には競合してこなさそうな感じもします。なんでぶつけてきたのですかねぇ(苦笑

1)エクストレイル
2ヶ月前にエルグランドの車検の際、営業担当から聞いていた通りの内容(>>プロパイロット搭載)。目指している方向性は以前のモデルからずっと好きなのですが、如何せんサイズが物足りないし、エンジンも車重に対して非力感が否めないのですよネ。まぁ、このあたりはMMCで変更になるような内容でもないのでアレですが…
もう1サイズ上のクラス(≒ムラーノ級)を復活させて欲しいですし、その際のパワートレインも現代風に「クリーンディーゼル」や「ダウンサイジングターボ」「ハイブリッド」など、マトモな物を用意して欲しいのですが、今の日産だと期待薄なのかな?!

2)ハリアー
昔、初代ハリアーの頃からずっと欲しかったクルマ。今はRXに乗ってますが、次はレクサスだとNXを考えているので、やっぱり一応は選択肢の1つとして考えています。しかも今回はやっとというか、ようやくターボが設定されたので…
興味をもって記事を読んでみたのですが、①CVTではなくATかと歓迎した反面、まだ6速… とか、②やっとTSS-Pが付いたのかと思う反面、なんでHUDがないの? 的な残念感。
NXとの差別化で、どうしても”廉価版”にする必要があるのでしょうが、一方でこの価格でコレ?!的な感が否めません。とくにCX-5あたりの”先進安全装備全部入り”な状況や、BMW X1などの競合車の変速機を見てしまうと、トヨタの手抜き感が目に付くのですよねぇ。
このあたり、NXでは次のMMCで改善してくれるのかなぁ?!
(NXの場合、HUDは付いているので、先進安全装備を全部入りにして欲しいのデス)


 

WLTCモード

2017.06.03.Sat.20:33
ガソリンエンジン版CX-3の燃費が発表に…
マツダ、夏発売予定の「CX-3」2.0リッターガソリンエンジンモデルの新燃費モード「WLTCモード」は16.0km/L』Car Watch

我が家でメインカーとして使うことを考えると、CX-3は小さすぎるので検討の対象外なのですが、昨年娘用にデミオを購入したいることもあって気になる存在ではあります。でも今回注目したのは、燃費表示が「WLTCモード」になったというトコロ。より「実際の使用状況」に近づくとの前評判なのですが…

市街地WLTC-L 12.2 km/L
郊外WLTC-M  16.8 km/L
高速WLTC-H  18.0 km/L
WLTCモード   16.0 km/L
JC08モード    17.0 km/L


出てきた結果を見ると、なんだ大差ないじゃん…と思いつつも、市街地モードでの数値だけはまぁ参考になりそうな印象。田舎住まいならまた感想は変わるのでしょうが、市街地(しかも駅前)在住だとどうしても従来のJC08では全く非現実的な数字としか思えないのデスヨ。
実際問題として、デミオは市街地/郊外/高速が4/4/2位な運用で、実燃費は13.5 km/L前後。カタログ燃費はJC08表記で24.6 km/Lなので、約55%程度しか実現できていない恰好。RX450hにしても、実燃費9.2 km/Lに対しJC08で16.8 km/Lですから達成率約55%で、何だかなぁ…という感じ。

今回のWLTC-Lは多少なり参考になりそうな感じがするのですが、実際にCX-3が発売になってから試乗して確認してみたいデスネ(^^A