掃除機買い換え検討

2017.06.05.Mon.20:30
昨日のエントリの続き。

その後、念のために日立に電話確認してみたのですが、既存掃除機(CV-RP2100)は保守期限が昨秋に到来済な由。症状的には基板もしくはモーター交換になりそうで、部材の在庫もまだあるため対応はできるが、本体内部のパーツ破損部については既に交換不可なため、完全修復はできないとのこと(吸い込み能力が落ちるらしい…)
↑この↑ような修理内容で1.5~2万円程度費用が掛かるのであれば、あと1万円追加で新品になってしまうのですよねぇ(苦笑
⇒やはり買換え対応になるかな?!

ちなみに…
現行機種で排気がRP2100同等なのは、PD700とPD500。若干妥協してPD30。
(PD30でもPanaなど国内他社の上位機と同等なのですけどね。)
PD700とPD500の差はモーターヘッド部や付属品が主で、吸い込み仕事率や排気性能にも差がある様ですが、ヘッド部についてはミドルクラス以下の仕様になってしまうことも踏まえると、総合的にはPD30の方がPD500より良さそうな感じもします。
昨年はPC500、PC30というラインナップでしたが、PC500の後継がPD700であって、PD500は純新規の廉価仕様な感じでしょうか。実に解りにくい型番の命名規則ですな…。
PC500からPD700へのモデルチェンジで吸込み仕事率は10W増していますが、往々にして直接の後継機種とは大差がないことが多いのですよね(^^A

諸々考えると、PC500を割安で買うか、素直にPD700にするのかの2択になりそう。さて、どちらにしようかな…


 
スポンサーサイト