2018年モデルのSPECIALIZED

2017.07.02.Sun.19:15
TREKと同日でSPECIALIZEDも発表していた模様。

同社のラインナップでは、VENGEはエアロ特化なので対象外、ROUBAIXには惹かれるもののディスクブレーキ仕様中心になるのでパス。つまり消去法で個人的にはTARMACしか選択肢がない恰好。で、そのTARMACが今回モデルチェンジしていました(^^

S-WORKS:VENGE同様に後三角が小さめなになり、SL6明記、Fact12rへ
Expert:S-WORKSと同形状になり、SL6明記、Fact10rは変わらず
Comp:見た目は昨年同様? SL5明記
Elite:見た目は昨年同様?名称からはSL4が消えた
以下(ry

Ultegra搭載のミドルクラス(≒TREKのSL6クラス対抗)で考えるならExpert/Compの2択でしょう。S-WORKS直系で素材違いなExpertにするのか、型遅れになるもののお買得感のあるCompにするのかは悩ましいところ。2018モデルならカラーリング的にExpertの方が個人的には好みですが、Comp以外はBB30になるのがやや引っかかりますネ(^^A

フレームセット買いをしたい場合、S-WORKSのみしか選択肢がない点は2018モデルも同様なので残念。また価格帯が旧モデル対比で15~20%程度引き上げられている点も▲。全般的に見るとライバルTREKの方が手が出しやすいデスナ。
今乗っているロードバイクはまだ買い替える心算がないのですケド、次は近隣のSPECIALIZEDの取扱店で購入したい(店主の面倒見がいい)とも思っているので、う~むといった感じデス。


 
スポンサーサイト