新調したウェア類についての簡易レビュー

2017.07.08.Sat.20:16
海外通販で先日購入したサングラスとウェアを今日実戦投入してみたのですが、早速備忘録替わりに簡易レビューというか気付いた点をメモ。

1)Castelliのウェア
メッシュ地のウェアですが、着心地はなかなかGood!
色的にも気に入ったものでしたし、フルジップの感触も滑りが良くてイイです(安物だとチャックの滑りが悪かったりして、がっかりするのですよねぇ)
国内代理店はL寸までの取り扱いに限られるのですが、L寸だと身長で170cm台後半までな感じ。私の場合、+10cm程度の身長があり2XL位のサイズになるのですが、国内正規流通品では購入不可なのですよねぇ。その点、欧米では標準的な身長なので入手性が高いので助かりました(^^

2)Oakleyのサングラス
自転車用に開発されたJawbreakerだけあって、視野は広いのに歪みはなし。前傾姿勢になるので上目遣いになるのですが、フレームの位置が上にあるので縦方向の視野が広く、とても快適。一方、フルフレームなので横方向の視野は微妙かも。以前使用していたのはフレームが上部にしかないので、レンズでカバーされていない横方向の部分は(眩しいけれど)一応見ることができました。でも本製品だと、レンズでカバーされているエリアは確かに広いのですが、その先はフレームで見えません。車道を走っている際に、振り返って後方を確認しようとする場合には以前より不便かも。
また、レンズは自転車で定番のプリズム・ロードを選んでみましたが、確かにコントラストが上がって障害物などの確認がしやすくなった半面、光の透過率は以前の調光レンズ対比で低くなっているので、全般的に暗く感じます。夏の日中は最適ですが、冬や朝晩の使用時には「暗い」と感じるかも。このあたりも含めて、一長一短ですね。
レンズ交換式なので、後日交換用として調光レンズを手配するか、はたまたEV ZEROあたりの調光レンズモデルを別途手配してみようかな…


 
スポンサーサイト