ジュネーブモータショー

2017.03.09.Thu.20:34
数日前からスイス・ジュネーブでモータショーが開幕になりましたが、世界の自動車メーカー各社から新型が発表になっているようで、ここのところ楽しみに報道記事を読んでいます。

今夏に車検を迎えることもあって、クルマの買替を自分自身も考えていたのですが、現時点でピンとくるものがないというか、「コレが欲しい」と強烈に思わせるものに出会えていません。何かを選ぶと、何かしらの妥協点というか欠点に目を瞑らなければならず、何だかなぁという感じ。欠点なんて吹き飛ばせるほどの強烈な魅力があるなら別なのですが…。
RX450h自体、5年目の車検なので多少割高になるとはいえ車検費用と延長保証料を支払えば、あと2年間は安心して乗れるということもあって、待ったなしな”切迫感”に欠けているというのも大きいのかもしれません(^^A

そんな中ですが…海外メーカーのモデルの中で気になったのがこの2台。
【ジュネーブショー 2017】ボルボ、ステアリング・アシスト機能を採用した新型「XC60」発表
【ジュネーブショー 2017】独フォルクスワーゲン、エレガントな新型5ドアグランツーリズモ「アルテオン」世界初公開

久しぶりにFMCするXC60は最近のVOLVO顔(トールハンマー)になり、先進安全装備自体は以前から世界でも指折りレベル。国内価格がどの程度になるのか、導入時期も含めて気になるなぁ。VWのアルテオンは単純に見た目がカッコイイ。でも4駆設定とかなさそうだし、後席頭上も窮屈そうだしってんで、こちらは現実味がないかな。サイズ感的にはギリギリ許容できますし、パサートより車格も上の様なので魅力的なのですけどね…

やっぱり、今夏の車検は通すことにして、あと1~2年様子を見ようかなぁと考え始めています(^^


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する