基本に忠実

2017.03.11.Sat.21:06
AMD謹製の新型CPU:Ryzenの発売から約1週間が経過、レビュー記事もそれなりにUpされてきていますが、一方で不具合情報も…
反転攻勢へ!「Ryzen 7」の爆速性能を確かめる』IT Media
Windows 10はAMD Ryzenの論理コアを正しく認識できず、性能が下がる?』PC Watch

AMDにしては珍しく?!事前のアナウンス通りな高性能ぶりを発揮しているようで、レビュー記事はどこでも比較的好評な印象。対応するM/B(特にX370チップ搭載モデル)やCPUクーラーのタマ不足という思わぬ落とし穴もあったようですが…(苦笑
一方で、「あぁ、なるほどなぁ」というか、「然もありなん」と感じたのが上記リンク先記事の内容デシタ。

DDR4メモリの相性がシビア⇒新しめのモノを購入
OSはクリーンインストール

…あたりの内容は、ある意味まぁ当然とも言えるのですが、共に”流用”できると確かにラクチンなだけにイヤハヤ何ともな感じ。
個人的には、CPUとM/B、メモリはセットで買換えることが殆んどですし、OSのVer.UPとPCの入替のタイミングをリンクさせている関係でOSはクリーンインストールが前提になっているため、上記の件は否応なく実施しています(^^A

OSとH/Wのマッチングについては、各々のリリース時期のタイムラグもあるので何ともですが、話題性のある新製品なのですからMS社も早期に対応してくるのではないのかなぁと予想しています。
でもこの件も、「初物は人柱の報告待ち」という大原則から考えれば…(以下ry


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する