もう少し寿命が持ってくれると…

2017.04.26.Wed.20:03
Panasonic/DIGAの新型が発表になった由。
例年、春と秋にモデルチェンジするDIGA、今回の物は”春モデル”という訳ですな。
パナソニック、全自動「ディーガ」などBDレコーダー5機種-6チューナ搭載モデルも』CNET Japan

我が家のDIGAももう7年目で、当然ながら延長保証も期限切れな状態。そろそろ壊れてもおかしくない訳で、実際問題、保証期限切れ直前にBDドライブが故障したのでドライブの保証交換も実施済みです。内蔵HDDにはかなりの録画番組が貯め込まれているので実際に壊れてしまうと「えらいこっちゃ!!」状態になるのですが、まぁ経年でいつかは壊れるものですよね…

壊れたら買替…と考えているのですが、TVがVieraである以上、BDレコはDIGAを使いたいですし、操作性もDIGAは優れているので敢えて他社製に替える意味もないため、”次もDIGA”が基本線。そういう訳で、DIGAの新型が出るとついつい注目してしまう次第デス(^^

さて今回のモデルですが…
Ultra HDブルーレイ:コンテンツが充実していない以上、まだ不要
4K対応:同上の理由により、重視せず。それ故、大容量にも拘らない
チューナー数:現在の2つでは不足を感じる場面もあるため、3つ以上に
全録対応:不要⇒それ故、6チューナーも不要

…という個人的ニーズで考えると、今回の新型モデルは私にはオーバースペックな品ばかり(苦笑
買うなら、昨秋モデルの中から3チューナー/1~2TBなモデルを探す感じになりそう。でも、もうしばらくは延命してくれるといいのだけどなぁ(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する