後出しジャンケンなるも不発な印象

2017.05.31.Wed.21:29
昨日、auの新作発表会があった訳ですが…
KDDI田中社長が語ったau HOME、Google アシスタントとの連携
手軽に始められる見守りや防犯などのホームIoT、「au HOME」
au、2017年夏モデルを発表』全てケータイWatch

夏モデルについては、かねてより想像通りな感じ。この中ならZXs一択なのですが、まぁあと半年くらいはZ5を使うつもりなので、とりあえずスルーな方向。
以前(ガラケーの頃)だったらTORQUEの様なヘビィデューティモデルに惹かれる部分もあったのですが、1)スマホはやっぱりスッキリしたデザインが好き なのと、2)(かつてのカシオならまだしも、)京セラ製では買う気がしない のデスヨネ(^^A

今回の発表で夏モデルよりも注目したのが…
A)au HOME
治安も昔より悪化しているので防犯機器のニーズは高まっていますし、ネットワーク機器と携帯キャリアの親和性も◎。目の付け所は悪くないと思うのですが、トータルのサービスとしては内容がまだ今一歩な印象。カメラやセンサーで「監視」することはできても、万が一”賊が侵入してきた”らどうなのかと。この点では、既存のセコムなどの方に一日の長を感じます。
また、レクサス車でも感じているのですが、鍵や窓の開閉センサーで「開いてますよ」警告が出ても、離れた場所からまた戻って対応する必要がある訳で、それなら自動で開閉してくれる仕組みも…とつい思ってしまう訳です、ハイ。

B)ドコモ withへの対応
「久々にガツンと」などと会見で話していた様なのですが、こういう言葉はまず先鞭をつけたトコロが言うべきであって、いつも他社の追随しかしていないauには言って欲しくないデス。一番後出しなのに、まだ対抗策も発表できないというのも、如何なものかと思いますし、かといって先日のテザリング1,000円無償化延長の件での発言の様に「あまり考えていなかった」的なのも(以下ry
ガツン…が実際問題どういった内容になるのか、あまり過度な期待はせずにいたほうがいいのでしょうなぁ(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する