次期型アイサイト

2017.06.19.Mon.20:05
次期型”アイサイト”がスバルから発表され、各所で記事に…
スバル、「アイサイト」に全車速域で車線中央維持などを行なう新機能「ツーリングアシスト」搭載』Car Watch
SUBARU「アイサイト」が進化 自動運転レベル2相当に 今夏の新車から標準搭載』IT Media
スバル「アイサイト」に新機能、高速道は“おまかせ”で走行可能に?』マイナビニュース

ざっと記事に目を通してみましたが、Ver.3(現行型)に日産のプロパイロット的な機能が付加された感じでしょうか。まずは今夏発売予定の新型レヴォーグとWRX S4からの搭載とのことですが、年次改良などを通してほぼ1年内にインプレッサやアウトバックなどにも採用が広がっていくのでしょう。

Ver.3でも日本メーカーでは最高水準の先進安全性能だと思っていたのですが、これで他車とますます差が広がってしまう印象。マツダも直近の試験でようやく「スバルのレベルまで追いついた」感じがしていたのですけど、また突き放されてしまう恰好になるワケで、この分野の技術革新はまさに日進月歩デスネ。
これまでは一度購入したら7年程度は乗っていた自動車ですが、先進安全装備の充実度合いを見ているとこれからは早いタイミングで買換えていく方がもしかしたらベターなのかもしれないと思ってみたり…(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する