チューブレスへの参入

2017.06.25.Sun.20:41
数日前にBianchiの2018年モデルについて書きましたが、MAVICも最近2018年モデルの発表をした様です。
マヴィックが「U S T TUBELESS チューブレス 」搭載モデルを発売!』BiCYCLE CLUB
マヴィックがロード用チューブレスシステムを発表 テーマはEasy,Safe,Fast』cycrowired

MY2016なキシエリを使用中なので、当然ながら興味津々でリンク先記事を読んでみた次第。
MY2018の大きな目玉は「チューブレスへの(再)参入」で、キシエリも先行投入組の1つになるようですネ。某巨大掲示板でも話題になっていましたケド、全体としての”ワイドリム化”や”ディスクブレーキの普及”といったトレンドを踏まえてのことらしいのですが、当方技術的な話はサッパリなので割愛。
でも、デメリットはすぐにいくつか思い浮かんでしまいました(^^A

1)パンク時の対応
シーラントを使うことになるそうですが、使用後のホイールは汚れる…。
2)面倒なタイヤ交換
チューブレスはタイヤ交換がやりにくいことで有名ですが、今回の新商品はクリンチャー並みに簡単とのこと。でもそれはWTS(タイヤ+ホイールをMAVIC製品で統一)の場合に限られ、他社製品のタイヤを使用時には従来並みとの情報も。純正のイクシオン プロも悪いタイヤだとは思わないのですが、材質が柔らかく、パンクしやすくて好みではないのですよね。入手性や耐久性にも難がありますし…。

定価ベースで2万円近く安くなるのも、旧型ユーザーにとっては複雑でしょうネ。何しろMAVIC製品はガイツーでも取り扱いが少ないですし、国内では定価が高くて値引き率も悪かったですから…
次に自分でホイールを購入するのがいつになるのかは正直不明ですが、次もMAVICにするのかは正直チョッと微妙かも(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する