本当にやすくなったのか疑問 2

2017.07.11.Tue.21:09
昨日のエントリの続き。

今朝、朝刊を読んでいたら、昨日のauの新料金プランについての記事が出ていました。「大幅値下げ」ということで記事としてはとても好意的な内容。本当に大幅値下げなのですかねぇ…と個人的には疑問に思っているのですが、キャンペーンによる1年間限定の千円引きを加味しているなど、条件的には甘々な内容での比較だったので(以下ry

そんな中ですが、web上ではチラホラ比較記事も。
auの新料金プランはどれだけお得? 従来プランと比較してみた』IT Media

新料金プランでは毎月割が付かないですが、”割賦代金の半分を免除する「アップグレードプログラムEX」を月額390円”で新たに用意されています。また”48回の分割払い”も用意されているので、この2つを組み合わせるという視点が提供されていたのは、個人的には新たな発見デシタ。
Upgradeプログラム代:390×24=9,360円を支払うことで、端末代金が半額になるというのが安いのかどうなのか。
例えば、XperiaXZsの場合だと
端末代  84,240円
毎月割計 38,664円(スマートパス非加入)
実質    45,576円

これが半額で買える換算になるならば、事実上割引額は(84,240÷2)-9,360=32,760円となり、端末代金関連ではやっぱり旧料金プランの方がお得感があります。しかも、旧料金プランの場合は「一括購入」も選べますが、新料金プランでお得感を出すためには割賦払いが前提になる訳で、イヤハヤな感じ。

リンク先記事にもありましたが、新旧比較して明らかに新料金プランの方が安いという訳でもなく、約しなるのはあくまでも限定的なパターンにはまった場合に限られる印象。これをガツンとは呼べないよなぁ…(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する