供給不足なメモリ

2014.09.01.Mon.21:07
先週末、ハイエンド向けのIntel製新型CPU”Haswell-E”が発売になりました。
初のDDR4対応、実売12万円の8コアCPU「Core i7-5960X」が登場』AKIBA PC Hotline

ハイエンド向けラインはPCI Expressのレーン数がメインストリーム向け製品より多いし、メモリアクセスもQuadチャネル対応になるので、自作er的にはとても気になる存在ではあるのですが、如何せん価格も高いので個人的にはなかなか手が出せませぬ(苦笑
ハイエンド向けなのでM/Bは基本的に高額品しか売ってないですし、メモリはまだまだ価格が高止まりしているDDR4メモリの4枚挿しですから、CPU+M/B+メモリの3点セットだけでも12万前後~。いやはや…

そんなこんなで結局”高嶺の花”状態な今回の新商品なのですケド、少し気になったのがDDR4メモリの品薄感。hermitage akihabaraの記事にもありましたケド、これから供給は急速に増加してくれるのでしょうかねぇ?

来年にはメインストリーム製品でもDDR4メモリに移行してくるので、ここから先は急激に需要が拡大してくるはずですが、供給体制はどうなのか気になるトコロ。来年には我が家のPCも組み直し期に当たり、一式調達せざるを得ないだけに…(以下ry


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する