延長はある意味必然の流れか

2017.12.05.Tue.20:42
auの新料金プラン関連のキャンペーン適用期間が延長になるとの報。
auの「ビッグニュースキャンペーン」とiPhone向け「アップグレードプログラムEX(a)」無料化、2018年5月31日まで延長』IT Media

元々年内一杯だったキャンペーン適用期間を来年5月末まで延長するとの由。例年、3/末を挟む形で”学割”などのキャンペーンを実施していますが、そのあたりに絡めてくるのですかねぇ(謎

「ビッグニュースキャンペーン」は”利用料金を毎月1000円(税別)割引”というものですが、期間はたった1年間だけですし、キャンペーン適用割引のない素の状態では従来のデータ定額プランより割高なピタットプランへの加入を強制されます。
ピタットプランの場合、毎月割も廃止されてしまうデメリットがあるのが難点ですが、48回払いな「アップグレードプログラムEX(a)」で事実上半額購入可にさせるところがポイントなのでしょう。しかも、月額390円のプログラム料を無料にしてくれるというのが現在のキャンペーン内容なのですが、機種変更時には既存端末を返却する格好になるのも相変わらず難点だと思います。

結局のところ、新プランへ移行するメリットは乏しいと思っているので、(個人的にはちょうど買い替え期を挟むものの)今回のキャンペーン延長については正直どうでもいいかなぁという印象。というか、キャンペーンがなかりせば「実質値上げ」的な感じになりかねないので、営業施策上はまだしばらく「延長」し続けないといけないような気もするのですが、どうなのですかねぇ(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する