まさかの非対応

2018.02.01.Thu.20:44
モバイルバッテリのPSE対応問題についての記事。
経産省、モバイルバッテリーをPSE法の規制対象に』ケータイWatch

近年に販売された電気製品である以上、当然にPSE対応しているはず…と思い込んでいた私だったので、個人的には記事を読んでちょっと驚いた次第。手持ちのモバイルバッテリはいずれもPanasonic製品(旧サンヨーのモバイルブースターの後継品)なので、「まさかPSEマークが付いていないなんてことはないだろう」と思って調べてみたのですが結果は「なし(非対応)」デシタorz

何故これまで対象外だったのか…的な部分が上記リンク先記事ではよく理解できずググってみたのですが…関連した内容は数年前から各所で記事になっているものの、どこを読んでも解ったようで解らないというか(苦笑

ググっている最中に気が付いたのですが、アマゾンなどで安く売っている代表的な銘柄「Anker」はPSEマークが付いているのだとか。天下のPanaですら付いていないというのに、何だかなぁ…
バッテリである以上、消耗品であるため定期的に買換えが必要になる類のモノな訳ですから、いずれまた調達する必要がでてくるはず。次はAnker製品にしますかね(汗


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する