UXの続報

2018.02.21.Wed.20:23
Lexus UXの続報。
レクサス、新型コンパクトクロスオーバー「UX」をジュネーブで世界初披露』Car Watch

コンセプトモデルの発表から約1年半経過、前回は内装写真だけだった記憶がありますが、今回は量産車ベースの実車が期待できそうなのでちょっと楽しみ。

UX200/250/250hで商標登録申請中という情報もWeb上で見聞きした記憶がありますが、仮に真実だとすると各々のパワートレインがどんなものになるのかが気になるところ。

例えば250hを例にあげると、トヨタ プリウスなどで使われる「1.8Lエンジン+モーター」の場合だとレクサスではCTが「200h」として使っています。同じものを200h⇒250hと嵩上げするのは難しいでしょうが、一方で現行モデルのその上となると「2.5Lエンジン+モーター」になり通常は300hを名乗るはずですし、レクサスの命名則からも外れる格好。となると、現行モデルからは姿を消している「2.4L+モーター」あたりですかね。これだとHS250hの実績もあるのですが、如何せん”古い”印象。
また、通常エンジン型の200/250にしても、ターボの設定がある様な噂を聞いていたのですが、これまでの命名則から考えると当てはまらない。そんなこんなで、気になるなぁ…と。

サイズ感からしてNXより小型になるのは確実ですが、いずれ我が家も家族構成(核家族化)が変わってくるでしょうし、複数台所有の方向になっているので、考えようによっては次期主力候補にもなりうるのかなと思って注目しています(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する