CP+2018開催と聞いて

2018.03.02.Fri.20:42
カメラの祭典(←うまいこと言うなぁ)であるCP+が3/1から始まったとのこと。
カメラの祭典CP+ 2018が開幕! 各ブースのようすです』GIZMODO

カメラ関係は昔から好きですし、今でも興味の対象にはなっているのですが、ここのところ個人的には優先順位が落ち気味デス(^^A
元々、子どもの成長記録をキレイに撮りたい…ところから始まったのですが、肝心の被写体が成長して被写体になってくれなくなったというのが大きな理由です。でも、今度は次女がカメラに興味を持ち始めたようなので、これを機に自分も再開しようかと思案中。そんなタイミングでの開催なので、記事には目を通そうかなぁ…と。

個人的には、最近ずっと気になっているのがミラーレス機。CP+に呼応するタイミングでCanonはKissを発表してきましたし、SONYもα7Ⅲを発表と”熱い”分野でもあります。”プロ”機では性能面でまだレフ機に一日の長がありそうですが、ミドルレンジ以下の市場の流れはミラーレスに移ってきているのだよなぁ。

今から一式揃えるならミラーレス。既存レンズ資産を活かすならニコンFマウントなレフ機。ニコンがAPS-Cサイズ以上の撮像素子を搭載したミラーレス機と、既存レンズ資産を活かせるようなマウントアダプタをリリースしてくれれば全ては丸く解決してくれるのだよなぁ…と思っているのですが、今回のCP+でもそういった話は全くなさそうなのが残念な限り。やっぱりニコンはこのままなのですかねぇ…(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する