寝室TVの買替 その3

2014.10.07.Tue.20:15
昨日のエントリの続き。

要望と優先順位、そして設置環境と実際の使用状況を考えた結果、32型でIPSパネル機があるPanasonicなら便利なVieraリンクも利用できるので、これに決定。
同社の現在のラインナップは、32型でA320とA305の2つありますが、「お部屋ジャンプ」とWチューナー対応なのがA320で、機能を極力削ぎ落としたものがA305といった感じ。どちらを選んでも同社のビリかビリ2な低グレード機種になるので、「倍速液晶」や「3D対応」といった機能は無論のこと、最近の同社の機種で謳い文句の1つになっている「スマート機能」すら非搭載。まぁ割り切って使うしかないのですネ(^^A

実際のトコロ、寝る前や寝起きにゴロゴロしながらちょっとニュースを見たり、見たいTVがカチ合ってしまった際の緊急避難的な使い方になるのが主なので、リビングに置いてメインに使う大型TVではないですから、高機能である必要性も乏しく、妥協するくらいでちょうど良かったのかも。

調べたところ数千円の差だったので、結局A320の方を購入し持ち帰りしました。クルマへの積み下ろしでわかったのですが、随分軽くなったものですねぇ。前の機種が21kgありましたけど、今度のは7kgと1/3の重量。いやはや、何というか…

以下、もう少し続けます。


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する