数年後に期待

2014.10.28.Tue.21:06
先週末に新型LEGACYが発売になったからか、ここのところインプレの記事をポチポチ見掛けました。LEVORGを新たに出すことでほぼUS市場に特化する形になったLEGACYですが、やっぱり注目度は高いのかなぁ。
スバル、EyeSight(ver.3)搭載の新型「レガシィ アウトバック/B4」』Car Watch

個人的には、SUVを乗り継いできていることもあってセダンに興味はないですし、車高(最低地上高)も高い方がいいこともあり、スバルだと以前からOUTBACKの一択状態が続いています。USサイズへと大きくなったといっても横幅1.84mなら前車クルーガーとほぼ同一で、現車RXより小さいから私としては問題ないですネ。

そんなこんなで、引き続きOUTBACKは有力な乗換候補車の1つのままでいそうなのですけど、今回残念だったのがエンジン。今更N.A.2.5Lはないだろう…と。
(ちなみにスバルのN.A.2.5Lは2年前に何度か試乗したので、感触はある程度掴んでいます)
車重を考慮に入れても200ps位は欲しかったなぁと思いますし、逆にこの程度の出力なら1.6L直噴の方が今の時代にはマッチするのではないかと思うので、N.A.2.5Lという選択は中途半端感が残った次第。別の記事でライバルは独車のCやA4とされていましたけど、それらはダウンサイジングターボ採用しているだけに、時代遅れ感が強いなぁと。

スバルは初期型を避けて中期モデルからという話もよく見聞きするので、数年後に(車種追加含めて)期待というところですかねぇ(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する