次期Windows

2015.01.22.Thu.20:04
昨日のエントリの続き。各所で続々と記事がUpされているのを見ましたが、トピックとなることがいくつかありました(^^

1)Upgradeが1年間無償化
8シリーズ以降なら理解できるのですケド、今回は「7」まで対象という太っ腹。まぁ、(だらだらXPを引っ張った苦い経験もあって)早いトコ「最新」Ver.に移行させたいという思惑もあるのではないかと。自分が管理しているPCは「7」と「8.1」のみなので全てUpgrade対象なのですけど、嬉しいような、悩ましいような…
1年という期間が過ぎてしまってから、何らかの理由でOS再インストールする場合はどうなるんでしょうかねぇ(謎

2)IEの引退と新たなブラウザ
永らく続いたIEは企業向けに一部改良版を残しつつ、一般向けには新たなブラウザを用意するとのこと。フォントや配置が崩れないでくれれば、個人的にはあまり拘りがないのですけど…(^^
金融機関のWebサービスは使用ブラウザの指定をしていることが多いのですけど、そのあたりはどうなるのかなぁ。当然ながら、いずれ対応はしてくるのでしょうけど、問題はその時期。振込期日は待ってくれないですからね(^^A
↑これ↑はMS社ではなく、当該サービスの提供企業が努力する範疇な部分ではありますが、ユーザー的には責任の所在がどっちにあるのかはあまり関係がなく、要するに使えるのか使えないのかの問題なのですよ。

3)Windows Phoneの可能性とOffice無料化
スマホでWindowsが動いてOfficeが使えて、しかも一定の画面サイズ以下ならOfficeが無料…となると、WindowsPhoneを使ってみようかという動機付けは強まります。NotePCを持ち出すまでではないんだけどなぁという時にちょうどいいかも。となると、スマホのサイズは必然的に大型化してきてしまうのですけどね。あとは各種アプリがiOSやAndroidの様に揃ってくる必要があるのですけど、これは卵が先か鶏が先か的な感じで、ユーザー数がどう推移してくるかにもよりますな。

…いずれにせよ、俄然今年後半のリリースが楽しみになりました(^^


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する