ハーフハーフ

2015.02.07.Sat.19:46
CP+を次週に控え、Canonが新商品”群”を多数発表した模様。
キヤノン「EOS 5Ds」「EF11-24mm F4L」「EOS M3」などの発表会レポート』デジカメWatch

デジイチからミラーレス、コンデジ、交換レンズと計13にも及ぶ多数の新製品の発表なので、この春からの商戦に凄く力が入っているなぁという印象。個別の製品にどれだけの競争力や魅力があるのかはじっくり見ていないのでわかりませんケド…(^^A
アマチュア向けのフルサイズ上級機種…という位置付けのEOS5Dシリーズですが、ローパスフィルターの有無で分けつつも多画素な2つの新機種を新たに投入してきた格好。ライバルNikonとの対比で「選択肢」の数を充実させてきました。一方、ローエンドを担うEOS Kissシリーズも新たに2つの新機種を投入し、こちらのカテゴリでも「選択肢」の数を充実。
「レンズ交換式カメラの需要が世界的に鈍化している中でも、新商品の投入により前年並みの売り上げを目指す」…といった内容を先日の四半期決算で発表していたので注目していたのですが、この新商品発表を見てなるほどなぁと首肯した次第。

このままだとますます差が開きそうな予感がするNikonですが、これからどんな発表があるのか期待半分、あきらめ半分といった複雑な気持ちです(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する