機能はイイけど、相変わらず格好悪い

2015.02.09.Mon.20:23
auからアンドロイドスマートフォン版の”らくらくフォン”が発売になるとの報。
au、シニア向けスマホ「BASIO」を13日発売』ケータイWatch

私が使用中のスマホ”Xperia Z1”には「シンプルホーム」設定があり、これを利用すれば画面が所謂”らくらくフォン”的なUIに切り替えることができます。こうしたソフトウェア処理の対応でも「らくらくフォン」需要に十分対応できるのではないのか?!と個人的には思っていたのですが、実際には大手キャリア3社とも「らくらくスマートフォン」を販売しています。
「どこが違うのだろう?!」と以前から私的には謎だったのですが…

今回の発売をきっかけに新商品の機能を見てみたところ、マイナビニュースの記事によれば”相手の声の速度を落として聞きやすくする「ゆっくり通話」、通話中に好みの音質に調整して聞こえやすくする「聞こえ調整」などの通話向け機能を搭載”とのこと。なるほどねぇ、H/W面でも通常のスマホとは差別化を図っているのですね。

頑なにガラケーを使い続けている両親も、こういうのだったら(機能的に)使ってみようと思うのかなぁ?!
でも、デザインがもう少し格好良くないと、「見るからに年寄り向けでカッコワルイから嫌だ」とかいいそうデス(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する