他の選択が無いというのが問題点

2015.05.02.Sat.20:59
auの料金プラン体系が大幅に整理されるとの報。
au、3G端末向けプランを大幅整理、「年割」などの受付を終了へ』ケータイWatch

3GとLTEなど通信方式の違いもありますし、各々で複数のプランがあることから、現状は料金プランが非常に複雑であるということは否めません。ですから、どこかの時点である程度整理が必要だというのは理解できるのですケド、整理することでユーザー側のメリットがあがるというよりむしろキャリア側にメリット大となるような施策なら…(以下ry

長期割の廃止というのは、そもそもキャリア側で長期契約者に対してどの様な意識を持っているのかということが良く解ってしまうような事例でしょう。また、3G向けでも無料通話分が多いプランは廃止ということで、3Gガラケー+4Gスマホの組合せによる無料通話分の分かち合いという手が使えなくなってしまうのも痛いなぁと。通話料金単価が高価なLTEプランに集約させたいのがあからさま過ぎませんかねぇ。

かといって、ドコモに移行すると強制的に新料金プランでの契約しかできませんし、ソフトバンクは(以下ry
他の選択肢がある様でも、実際にはなかなか無いという現状が悩ましいですなぁ(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する