為替変動 その2

2015.05.12.Tue.20:55
昨日のエントリでSurface Pro 3の価格改定(値上げ)の件を書きましたけど。今日は「非Pro」なSuface 3の日本市場投入について記事を読みました。
日本マイクロソフト、新「Surface 3」を5月19日発表』PC Watch

記事を読んでまず思ったのは…
他国市場では既に発売済でしたが、(遅ればせながらも)日本市場への投入はある意味”既定路線”だったはず。遅らせた投入時期が今回は見事にハマった(ハマる)のではないのかなぁ?!…と。
「Pro」の方を値上げしてしまうと、10万円以下の価格帯に穴が開いてしまうので、「非Pro」を投入することで同価格帯をカバーできますからねぇ。しかも今回の「3」からは「非Pro」でもAtomプロセッサー採用に切替わり、通常版のWindowsになってますから…(以下ry

とはいえ、499ドル×120円/ドル≒約6万円に+αがされた様な価格設定で、AtomにRAM 2GB/SSD 64GBというのは個人的には割高感が強いデスナ。iPad2の使用期間が3年目に突入しており、次期”タブレット”も考えなくてはいけない時期なのですが、今の価格水準だとMS純正な本製品はちょっと選びにくいデスヨ(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する