Nikonにはやっぱり金鉢巻!!

2015.07.03.Fri.19:31
今日もデジカメ関連の記事を読んでいて、オモシロイと思ったものがありました。
レンズ型センサークリーナー「風塵」にニコン用』デジカメWatch

デジタル一眼レフカメラが発売になって以降ずっと、ゴミの混入とその影響については長らく問題になってきました。今でこそカメラメーカー各社では「対応策」を標準装備した機種をリリースしていますが、Nikonの旧機種を使い続けている私としては「古くて新しい問題」というか「継続案件」というか…(^^A

私の場合、これまではブロアで吹き付けてお茶を濁しつつ、数年に一度NikonのSSへ持ち込んで清掃をお願いして対応してきました。湿式のクリーナーなども純正含めて市販されていますけど、自分でセンサーを拭き取り作業するのはチョット怖いのですよね。そんな中でのこうした製品は、やはり興味を惹かれるというか…

結局吹き飛ばすだけで、宙に待った埃がまたセンサーに付着するんじゃないの?的な疑問もあったりするのですけど、そのあたりはどうなのかなぁ。でもまぁ、Nikon用は金鉢巻、Canon用は赤鉢巻とデザインを凝ってきているあたり、そこまで厳密に性能を追及する商品ではないのかも。でもそれならそれで、ガジェットとしてはアリだと思う自分もいたりします(汗


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する