敢えて8.1という選択もありうる?

2015.07.16.Thu.20:44
hermitage akihabaraの記事でWindows10のDSP版の予価が掲載されていました。
「意外に高いんですけど」(7/16)

Homeが約1.7万円/Proが2.4万円…というのは確かにちょっと高い印象。
これまでの相場観から考えると各々5千円近く高い計算。Windows8から「無償」Updateが可能な割に、新規のDSP版では価格を高く設定するという方向性は、個人的には少しちぐはぐにも思えるのですケド…
加えて、バンドル販売が復活するみたいですから、実質的には更に数千円Upするワケで(^^A

今度組む予定のPCでは、「10」のDSP版を新規購入しようと考えていました。というのも、今使用している「8(8.1)」は当時安価に販売していたUpgrade版であり、その元は「7」なので。今のライセンスを継続使用する前提で新規で組む場合、下手すると「7⇒8⇒8.1⇒10」という手間をかける必要が出てくるため、面倒だからDSP版を新規購入してしまうつもりでした。

現在在庫処分中のDSP版「8.1」はバンドル購入不要ですし、通販では送料込でHomeが約9千円/Proでも1.6万円。これらを購入して「無償Upgrade」させれば8千円浮く計算になります。この際、手間は1つ増えるけど(それでも現状よりは手間が2つ減るので)、8.1にしておこうかという考えもチラつきますなぁ(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する