需給関係

2015.09.24.Thu.19:36
DDR3メモリの価格が弱含みとの報。
DDR3 8GB×2枚組が2年ぶりに1万円割れ、DDR4は小幅な値下がり』AKIBA PC Hotline

DDR3メモリの8GB×2枚組はについては、自宅と会社の自分用PCに積んでいるので、価格については割と覚えていたりします(^^
2013年の1月に自宅用としてツクモで購入した際は約6千円、その後、同年9月に同じくツクモで購入した際は約1.3万円デシタ。前者はCFD、後者はCrucialなので同一銘柄同士の比較ではないのですけど、いずれも安価かつ安心なモデルの代表格なので、ほぼ同じような価格帯のモデルです。
こうしてみると、「2年振りっていうと、こういうことか…」という思いと、メモリ価格の乱高下の具合など、色々思い出すことはありますね…。

それにしても…
いざ組み替えようかと考え始めるとこういうことになるんですよねぇ(苦笑
組み替えた際に旧パーツはいつも通り売却処分を考えているのですけど、その新品価格相場が崩れてしまっていると中古品相場も連られて下がってしまうため、売却予定者としては面白くないワケで。
でもまぁこれも「需給関係」ということなんでしょうねorz


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する