バカまじめ その2

2015.09.26.Sat.19:13
約2週間前のエントリの続き。ゆうちょ銀行について進展があったので…

ゆうちょ銀行:依頼書的なものを記入させられて、センターへ発送
⇒センター側で必要書類を選定の上、必要書類一覧を郵送で当方へ
⇒指示された必要書類を準備の上、再度支店へ(支店経由でセンターへ)
⇒提出した書類をセンターで審査の上、当方へ郵便為替発送
⇒支店に出向いて、引出す現金の手配を予約(日時/金額)
⇒届いた郵便為替を支店へ持参して現金化

前回エントリ時は1行目の段階だったのですが、ようやく最終段階(引出し)まで漕ぎつけました。前回エントリ時には気が付かなかったのですけど、赤太字部分の段取りも必要になったので、計4回(残高証明の発行も含めれば6回)手続きのために郵便局を訪れさせられた格好。
民間金融機関ではちょっと「ありえない」対応デスヨ>>ゆうちょ銀行

加えて、定額貯金などの解約に際して”利息計算書”は発行してくれませんでした。元本と利息の内訳が記載された郵便為替は送付されてきたものの金利計算の日数などは未記載ですし、しかもその郵便為替は現金化(引出し)時にゆうちょ銀行に回収されてしまうため、計算書的なものは最終的に手元には何も残らない格好。
※ちなみに、ゆうちょ銀行の口座へ入金する場合には計算書が発行されるそうで、引出しして自社に残して貰えない相手とは事実上差別化しているようなモノ。

民間金融機関とはあまりにもかけ離れたサービス内容にあきれ果ててしまった次第。まぁ、今回は痛い目に逢ったので、今後はもう口座開設をして取引したくはないですね。自分の友人/知人にもよく教えておかなくては…


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する