エコカーの行方

2015.09.28.Mon.20:23
ここのところしばらく、独VW社の”クリーンディーゼル”の不正問題がニュースを賑わしていました。対各国政府では制裁金などの支払いという”着地点”が思い描けますけど、実際に当該商品を購入した”顧客”にはどういう着地点を見い出せるのか非常に難しいだろうなぁ…なんて思っていました。

そんな折、今朝見かけた記事で「数週間以内にリコール」「1,100万台を対象」なのだとか。
問題が判明したのでリコールという流れはまぁ常識的な範疇にあるとは思うのですけど、問題の所在が明らかになっても解決方法が見つからない限り修理の行い様がないのもまた自明な訳で…。そもそも修理=改善方法があるのであれば、最初から不正などは行ってはいないでしょうし…

排ガス基準と燃費という二律背反な中での今回の不正だったので、解決策は「最終的にどちらの達成に拘るのか」ということなのではないかと。話の流れ的に「排ガス基準達成に舵を切る」のだろうと予測していますけど、そうなると燃費の悪化についてはどうエクスキューズする心算なのか、今から気になりますな。まぁ、国内モデルに該当車は無い様なのですけどネ。

ハイブリッド車にももう飽きた感がでてきましたし、3年前の時点ではダウンサイジングターボについても然程惹かれるものはなかったのですけど、一方で昨年試乗したディーゼルターボ車には少し興味を持っていた矢先だったので、今後の展開はやはり気になるトコロなのデス(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する