やっぱりダメなの?! 変態仕様

2015.10.01.Thu.20:41
Skylake関連で気になる記事を北森瓦版さんで見掛けました。
“Skylake”で通常のDDR3を使用するとCPUが損傷する可能性がある模様

そもそもSkylakeの”正規”な仕様ではDDR3「L」とDDR4のみの対応なところ、M/Bメーカー側が特殊仕様として無印DDR3にも対応させているワケですが、やっぱり(メモコンがCPU上にあるため)CPUに負荷がかかってしまうのですかね(謎
記事中にある通り、動作電圧が無印1.65Vに対して「L」は1.35Vな訳ですから、常時”活入れ”状態なワケで(以下ry
でも、M/B側ではそのあたりも踏まえた(耐えられる)設計になっていると信じていたのですよねぇ…

自宅用のPCではSkylake導入に際してはメモリ含めた一式買替を前提に考えていたので然程影響はないのですけど、来年以降の従業員用PCの入替えにはこういう変態仕様を利用して安上がりにしたい思惑も多少あったので、いやはや何とも。
その頃にはもう一段とDDR4が安くなってくれていることを祈るしかありませんね(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する