やはり信用できない…

2015.11.09.Mon.20:24
MS社がOneDriveのサービス内容を大幅に劣化させる改「悪」を実施するとの報。
OneDriveの容量削減はオンラインストレージの死につながるか? - 阿久津良和のWindows Weekly Report』マイナビニュース

先週、各所で記事がUpされていた(例 PC Watch)ので既に知ってはいたのですケド、内容が内容だけに1週間経過してもやはりまだ取り上げられるのですね(^^A
Office2013でも標準の機能にしていましたし、MS社自身が容量無制限や無償容量15GBを謳っていたので、信じ切って移行した人も多かったのではないのかなぁ…と。そもそも15GBという容量自体はGmailと変わらないデスから、”(おかしいと感じる程)大容量”というワケでもなく、鵜呑みにしそうな数字でしたからネ。

既に語りつくされている感はあるのですケド、MS社側の理由(一部のユーザーが過大に容量を消費)であれば、そのユーザーだけを縛ればよい話。無償容量の削減(15GB⇒5GB)については、理由が理由になっていないワケで…
サービス内容がペイするかしないかの見通しが甘かったのでしょうけど、そのツケをユーザーに一方的に押し付けるあたりがやっぱり米国企業らしいなぁと思ってみたり。

個人的には未利用なので実害はないものの、「やっぱりオンラインストレージは怖いな」という教訓だけが手元に残った格好です(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する