ATXに視野を広げると

2015.12.21.Mon.19:56
昨日のエントリの続き。

GIGABYTEのGaming5も悪くは無さそうなのですが、気になるのはやはり価格。機能が充実している分を考慮すれば仕方がないのですけれど、この予算があればATX規格なら更に選択肢が広がるのではないかと。
筐体がR3なので、規格上はATXまでOKなこともあって、余計にそんなことを考えてしまう次第。Z77の頃やその次の世代あたりまではMicroATXにも選択肢が豊富だったので、そんな悩みはなかったのですけどねぇ…

ATX版だと、ASUS(Z170AやZ170 PRO GAMING)、ASRock(Z170 Extreme4やGaming K6)、GIGABYTE(Gaming 3やZ170X UD5)、MSI(Z170A GAMING PROやZ170A KRAIT GAMING)あたりがほぼ同価格帯。このうち、MSIはTypeC非搭載だから除外するとしても他3社のモデルはこのクラスならUSB3.1とTypeCは標準搭載。ATX版の場合、このクラスだと電源フェーズ数もMicroATX版より多い(ことが多い)ですし、その他独自の機能を付加していることも多いので…

過去の経験上、同価格で比較するとASUS製品はスペックがしょぼいケースが多いので、選ぶとするとGIGABYTEかASRock。UD5とK6は方向性が若干異なりますけど、悩ましいトコロではあります。
はてさて、どうしたものやら(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する