180度変わった印象

2016.01.14.Thu.17:02
数日前の記事を改めて読み直してみたのですが…
エプソン、“2年分のインク”が付属するインクタンク式A4プリンタ3機種』PC Watch

”タンク式採用による低ランニングコスト化”でNice!!…と数日前に記事を読んだ際は思ったのですが、改めて読み直してみたところ記事の最後にある「為替の影響などを受け、インクカートリッジ188製品を対象に、平均約6%の値上げを3月1日より行なう」との一文を完全に見落としていたことに気が付きました(汗

これから販売される最新の一部機種のみが恩恵を受けられて、大半を占める既存機種は実質値上げ。しかも、当該新製品は法人ユーザーを念頭に置いたものなので、(購入できるけど)一般個人向けの製品開発をしたものではない。
目くらまし的に「低ランニングコスト商品」を発表しながら、こっそりとその裏で値上げを図るというのは何というか…(以下ry
カートリッジ値上げの理由も「為替の影響」とのことですが、円安基調は半年前を境にして直近では円高基調に転じています。そもそもカートリッジの大きな利幅で収益で稼ぐ構造ですから、多少の原価上昇なら吸収余力はかなりあるはず。

…何というか、最初に記事を読んだ数日前と、改めて読み直した今日とでは印象が180度変わってしまいました(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する