ライフラインの継続性

2016.03.09.Wed.20:55
"継続性"についてちょっと考えてしまった記事。
集合住宅向けWi-Fiスポットサービス「フレッツ 光WiFiアクセス」、2017年2月末でサービス終了』InternetWatch

ウチの家業が不動産賃貸業なこともあって、当該記事を思わず読んでしまいました。
フレッツマンションタイプ(ミニ)を建物共用部(配電盤)まで引き、そこから各部屋まではVDSLもしくは光回線で配線…という方法をウチでは採用しています。それ故、当該サービスを利用しているワケではないため、直接当方に問題が発生することはないのですが…

通信はライフラインの1つであることや、入居者募集時に「フレッツ対応」等といった文言を謳う場合が多いことを考えると、当該サービスの終了問題に直面する同業者は大変だろうなぁ…とつい心配してしまった次第。
供給元のサービス終了が原因なので大家としては不可抗力なワケですけど、今後も同様にネットへの接続手段を提供できる様なサービスを新たに探す必要があるでしょうから(以下ry

今回の発表では代替サービスの案内が見受けられなかったのですが、そのあたりはどうなっているのでしょうかねぇ(謎


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する