法則の終焉

2016.03.28.Mon.19:48
ムーアの法則が終焉との報。
ムーアの法則、インテル自らが成り立たなくなったと静かに宣言』GIZMODO

元々は”半導体の集積密度は18~24ヶ月で倍増”という話でしたけど、「半導体の集積密度=性能」と読み替えて「2年で性能が倍になる」という感じでもよく見掛けていました。Pen4でもたついたもののCore2では「進化」を感じられていたのですが、近年は…(以下ry

微細化の進捗が思うように進まなくなり、動作クロックの引き上げやコア数増加についてもTDPとの関係もあって限界間近…となると、画期的なブレイクスルーが無い限り早晩こうした事態になるのは考えてみればまぁ自明なことでしょう。

私の場合、予防交換を兼ねて2~3年でPCのパーツを入れ替えているので、ムーアの法則がちょうどいいと感じていた部分もあったのですが、入れ替えても性能Upが少ないとなると少し残念な感じ。でも、長く使う人からしたら陳腐化のスピードが減少することになるので嬉しいのかな…(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する