基準変更

2016.03.29.Tue.20:28
2年後から燃費の公称値の基準が変わるとの報。
国交省と経産省、乗用車等の燃費試験法に国際基準「WLTP」を導入』CarWatch

国際基準に併せるのが良いのか悪いのかは別として、少なくとも現実の運用状況から大幅に乖離した値を公称値にしているのはいい加減ヤメて欲しいと思っているので、基準が変更になるというのは歓迎したいところ。でも、しばらくの間は、新基準と旧基準の値を併記して表示してくれるとより有難いデスネ。

日本の従来の燃費基準では、一部について実測値ではなく”設計値”を採用してもOKという運用がされているようなのですが、そのあたりもキチンとメスを入れるべきでしょうし、計測は公平な第3者機関が実測したものを採用とさせ、最終的な公称値と(一般的なユーザーの)実運用上の燃費との乖離が一定以上に開いた場合の罰則規定も設けるべきじゃないのかなぁと思います。
(実運用上の数値との乖離幅を求める仕組みについては要検討ですけど…)

実際問題として、今乗っているRX450hはJC08モードの公称値対比ですら約55%の達成率。せめてこれが公称値の85%程度であれば納得できるのですけどねぇ…(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する