料率1/3でも…

2016.04.15.Fri.20:43
昨晩、九州地方で大地震が発生しました。東日本大震災を経験しましたが、既に5年が経過し、記憶も風化しつつある中での今回でしたので、とても驚いた次第。犠牲になられた方に哀悼の意を表するとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げたいと思います。

さて…
職業柄でしょうか、地震に対するリスク管理には多少なり関心があるワケなのですが、主たるリスク管理手法としてはやはり”地震保険”の付保ではなかろうかと。都道府県別にリスク細分化がされており、付保物件の所在によって料率が異なる仕組みになっている地震保険ですが、たしか九州地方は料率が一番低かったはず(南海地震の影響を受ける宮崎/大分を除く)です。
一番危険とされる(≒料率が一番高い)地域な私の地元と比較して、料率が1/3程度なのが熊本県なのですが、そうした地域でもこれだけの大きな地震が発生するのですから…(以下ry

やはり、日本全国どこにでもリスクはあるのだなぁと再認識しましたし、風化しつつあった地震のリスクについても再認識した次第デス。


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する