Corsair Carbide 88R

2016.05.06.Fri.20:20
昨日まででとりあえずNewPCが無事に稼働するようになりましたので、今回は新規購入パーツについて簡単に雑感を書いてみようかと思います。

…というワケで、今回新規購入した筐体について。
MicroATXサイズで、価格が手頃かつ見た目がシンプルというかスッキリした印象のモノを探していたところ、今回はCorsair社の”Carbide 88R”をチョイスしてみた次第。

○なトコロ
MicroATX用のミニタワーとしては標準的なサイズ
裏配線OK、3.5インチシャドウベイが取り外しOK
外観は然程安っぽいとは感じない

×なトコロ
拡張スロット部のカバーを(実使用時には)折り取る必要あり
筐体下部(電源部)にしか防塵フェイルターがない
アクリル窓が付いていないモデルがラインナップにない
電源スイッチの素材がラバーっぽい感じ
M/B上方に裏配線したコードの”出口”がない(隙間が少ないので)

○or▲(賛否両論)
軽量なトコロ
ケースファンが後部の1個のみ
側面の板(拡張スロット部)に空気穴なし

…こんな感じでしょうか。ストレージがSSD1個のみで、CPU内蔵ビデオ利用…なんていう最小構成での運用なので、鉄板がペラいことによる共振などの心配も不要で、むしろ(作業時に持ち運ぶ際に)軽量なトコロが気に入りました。
価格が安価なこともあり、随所にコストダウンの影響が見られましたけど、今回の私のニーズに抵触するような不満点とはならなかったデス。

現在使用中のDefine Miniを比較の基準(100点満点)として考えると、個人的には及第点を十分に超える80点程度は付けてもイイと判断しました(^^V


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する