お詫び金3万円也?

2016.06.17.Fri.21:12
夕刊の見出しで、三菱自動車の燃費偽装事件について、損害賠償金が一律10万円に決まったとの報を見かけました。10万円の根拠となる計算式に興味が出たのでちょっと調べてみることに。

Webって便利だなぁと本当に思うのです(笑)が、もうすでにそのあたりを検証した記事もUpされていました。
三菱自動車の燃費不正、損害賠償金は一律10万円』Yahooニュース

リンク先記事によれば、10万km乗ったと仮定して、車検を4回通した場合が記載されていましたが、それでも差額3万円ほど多い(合計約7万円程度)という結果。筆者である自動車評論家はこの3万円を「お詫び金」と位置付けていました。なるほどなぁと思う反面、「資産価値の下落」という視点が欠落しているのではないのかなぁと思ってみたり。

一般論として、10万kmも乗らないし車検も3回程度というのが標準的なユーザー層に近い気もしますので、実際のお詫び金相当額は4~5万円相当だろうとも思うのですけど、中古車市場での取引相場の値下がり幅を勘案すると実際のところどういう着地になるのでしょうかねぇ。4~5万円程度の”お詫び金”で果たして吸収できるのかなぁと考えてみると、あまり「妥当な水準」とは言いきれないのではないかと思ってみたり(^^A

10万円という数字、あくまで加害者側からの一方的な金額提示にすぎないモノではないかと思うのですが、今後の類似事案の基準にもなりそうな予感がします。安易に妥当な水準と決めつけるより、もう少し突き詰めた議論が出てきて欲しいものだなぁと感じた次第です(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する