BREXIT

2016.06.27.Mon.17:53
先週末に起きた”ブレグジット”関連の影響で、内外の金融市場が全体的に大きな衝撃を受けました。週が明けて初日、世界に先駆けて始まる東京市場の動向はどうなるのだろう…と興味をもって見ていたのですが、株式市場は反騰し、ドル円レートも大台を回復するなど、一応”下げ止まった”感がみられて一安心しました。

金融機関での勤務を離れてから既に15年経ちましたが、当時私が担当していた顧客には外為取扱があるトコロも多かったですし、運用法人も抱えていましたから、もし当時に同じようなことが起きていたら色々考えることも多くて先週末はとても休んだ気がしない感じであったろうなぁ…と(^^A

今の自分にとっては、為替水準の動向は海外通販の価格変動や、PCパーツなどの価格変動要因としてのみ「限定的に」影響を受けているだけなのでアレなのですが、こういう外的要因による連鎖反応はやはり怖いなぁと改めて感じている次第デス。これから始まるNY市場などの海外市場でも、日本の様に落ち着きを取り戻してくれるとイイのですけど、どうなりますかねぇ…


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する