またしても…容量無制限

2016.07.21.Thu.18:39
またしても”容量無制限”ビジネスが始まる由。
Amazon、容量無制限のオンラインストレージを年額1万3800円で国内提供』InternetWatch

この手のサービスって、「一部のヘビーユーザーを例に出しながら、いずれ容量制限をかけてくる」とか「依存度が高まってくると値上げする」というパターンが散見されるので、つい胡散臭いものの様に見てしまいます(^^A
付け加えるなら、クラウド上にプライベートなデータを置いておくということにも、やはり多少なり抵抗感がありますしね…
サービスの提供者がアマゾンなので容量制限については心配ないかなぁと思いつつも、MS社だってやらかしている位ですから(以下(ry

月額1,150円という価格自体は安価だと思うのですが、一方で(容量無制限とはいえ)然程容量を使わないのに一律料金はチョッとなぁという思いもあります。一部のヘビーユーザーの使用する容量分の費用を、実質的に自分含めた小容量使用者が負担している格好になるのと同義ですから…。このあたり、携帯回線のパケット通信料の容量無制限の話とも似てはいますネ。

自宅のPCでも、容量2TBなHDDを積んでいるのに使用率は低空飛行状態なことを考えると、もっと小容量/低額プランから用意して欲しかったトコロなのですが、まぁ米国企業にサービスのきめ細かさを求めてもしょうがないのかなぁ(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する