バッテリ急減 その2

2016.08.02.Tue.21:05
昨日のエントリの続き。
昨日予約を入れておいたのでauショップへと出向いてきたのですが…

店頭で待たされること15分でしたが、店頭表示での待ち時間は240分だったことを勘案すると予約しておいた意味はありましたネ。
要件については昨日話しておいたので概ね窓口対応の女性には伝わっていたのですが、詳細について再度説明。窓口では十分に理解していただけたのですが、この先の対応は以下の2つとのこと。

1)窓口で端末を預かり修理対応(所要2~3週間、要初期化)
2)窓口からコールセンターへTELして電話相談
 (不具合が認められればすぐに交換品を郵送対応)

短期処理なら2)がお薦めだというので電話してみたのですが、30分電話口で話したものの結論が出ない状況。初期化して暫らく試しながら自分で問題を特定し、H/W側の問題と判明した場合に再TELして欲しいとのことデシタ。

流石に↑コレ↑は酷いなぁと。ユーザー側に過大な負担をかけているだけで、コールセンターとしては全く存在意義がないでしょう。どちらを選んでも初期化必須なら最初からそう案内すべきだし、もっといえば今日来店させる前に昨日の段階でコールセンターを案内すべきです。

対応に納得がいかない旨を伝えたところ、”リモートサポート”を案内されました。但し、実際にKDDIのオペレーターと話しながら操作するのは明後日の夕刻以降ということに。しかも、そこで結論が出なければ、「初期化して自分で試しながら~」という着地になるとのこと。結局、遠回りをさせるだけで、着地は同じになるということでしょうか?!

そもそも論として、今回TELした意義は「リモートサポート」的なことをしてくれると期待してのこと。それが期待外れで、しかもそれに対してクレームを付けたところ”ようやく”「リモートサポート」なるサービス「も」あるという案内が出てきた次第。

半ばあきれたものの、明後日夕刻以降のTELを待つことにしました。毒を喰らわば皿まで…ではないですが、まぁヤルだけヤッてみようかという感じデス(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する