高額なキャンセル料 その2

2016.08.18.Thu.20:55
一昨日のエントリの続き。その後、PC DEPOT側から発表があったようで…
「顧客にそぐわないサービス提供あった」 ネットで批判受けたPCデポ、75歳以上の解約は無償に』IT Media
公式はコチラ

ある意味納得できる部分もあり、一概に会社を責めるのもどうかとは思うものの、それでも「高齢者に販売」した商品として適当かどうかというと限りなく黒いグレーの様な印象。だからこそ、その部分には改善策を提示したのでしょうけどネ。

予想通り、「月々のサポート料金の中にH/Wの割賦代金がが含まれて」いたワケなので、その部分が請求されるのは当然でしょう。但し、iPadAirありき…でこのプランを推奨して販売しているとするなら、なんというか(以下ry
プロバイダー料金と光接続の料金もサービス料金の中に入っている様でその部分まではOKとしても、VODやら電子書籍やら、本当に利用していた(必要としていた)のかなぁという疑問は残ります。

社長直轄(←ものは言いようですが)300名のプロジェクトといっても、店舗数が計約130ですから各店舗2人程度(+本部人員)のコンプラ担当を置くといった程度のことでしょう。でもその程度は(高齢者向けの販売をしているなら)ある意味当然というのが元金融機関勤務者としての感覚なのですが、一般企業だと違うのですかねぇ…
薄利多売なビジネスモデルからサポート業を前面に打ち出す方向への業態切り替え自体は先見の明があるというか、成長への正しい方向性だと個人的には思っているのですが、肝心の契約の中身の部分はもう少しブラッシュアップが必要で、少なくとも一般人から見て「アコギな…」とは思われないような内容にするべきでしょうねぇ(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する