両刃の剣

2016.10.14.Fri.18:22
新型インプレッサの発売日が決まったとの報。
スバル、10月25日に新型「インプレッサ」正式発売。価格は192万2400円から』Car Watch

既にお披露目自体は済ませていますし、展示車として実店舗で実際に触ることもできるモデルなので今更感もあるのですが、ようやく正式な発売日が決まったとの由。実は私も数週間前に地元の店舗で展示車に触れてきていました(^^

ワリとマシになった内装、(評論家などのレビューでは)かなり進化したシャシー性能など、様々な面で上級クラスであるレヴォーグなどを喰ってしまう様な”下剋上”も話題になっています。実際に私もみましたが、確かに内装は良くなっていましたし、後席の余裕などもGoodでした。今回から2WDの1.6Lでもアイサイトを搭載してくれるようになった点も高評価したいところです。

反面ですが…
やはり「下剋上」という点が気になります。下位モデル購入層には良いのかもしれませんが、上位モデルを考えている層には当然ながら不評だろうなぁと。数年すれば各モデルともFMCでSGP対応になるのでしょうが、ここ1~2年での購入を考えている向きにはどうにもならないですからねぇ。例えばレヴォーグ購入層なら3~4百万円を支払い、それを5~7年程度乗るワケですから、「高い金を支払ったのに旧型」、「高い金を払ったのに下位モデルより劣る」と感じる部分は必ずあるはず。
このあたりは両刃の剣でもあるよなぁ・・・と感じた次第。

Nikonのデジイチで一時期やはり下剋上が話題になっていましたが、当時の私は「下位モデル購入層」だったのでその恩恵を受けていました。反面、今回は「アウトバック検討者」という立場なので、正直複雑な気分ですな(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する