現行世代へと装備面がUpdate

2016.10.21.Fri.22:14
レクサスISがMCとのこと。
レクサス、「IS」マイナーチェンジで「レクサス Safety System +」を標準設定』Car Watch

既に今春の北京モーターショーで発表されていた内容なので、特段のサプライズ感はないデス。でも、プレミアムブランドの車としては気になっていた「ディスプレイサイズ」も大型化されましたし、トヨタではプリウスにすら最新TSS-Pが採用されているのに未だ旧世代だった安全装備面がようやく最新型へとUpdateされてきた点は評価できるかと。

個人的にはセダンはあまり興味がないのですが、似たような装備の状況であるレクサスNXもいずれ早晩同様の改定が行われるのではないかと少しばかり期待しています(^^
(でもまぁ、NXはアルミパネルの加飾がフロントガラスに反射して映りこんでしまうという欠点があるので、そのあたりの改良も本来なら期待したいところではありますが…)

プレミアムブランドの車として、約500万円から上の価格帯を支払うことになるのですから、装備面がいつまでも古臭いままだとやはりどうかと思いますからねぇ…(苦笑


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する