展示会にて

2016.11.04.Fri.21:19
自宅から程近い会場でBMWが展示会を実施するというので、出向いてきました。

例年この時期に試乗会をやっていた記憶があったのでディーラーに問い合わせたところ、今年は「試乗会」という名称ではなく「商談会兼展示会」となった由。「試乗会」は例年大人気だった半面、来客数が多すぎて試乗の時間が十分に確保できず、「試乗待ち」の時間が長くなりすぎてしまったことを受けての変更の様です。

さて、今回はX3 20d/アクティブツアラー218d/X1 18dのディーゼル3車種を乗り比べたワケですが…
1)軽快感(加速感)
FFベースの2車種、とくに218dが一番軽快。X3もトルクフルな感じでしたが、他2車種と比較するとやや鈍重(特に出足)な印象。この鈍重さを高級SUVらしさと捉えるべきなのか。また軽快さをFFっぽい安っぽさと考えるのかは難しいなぁ。
2)内装
X3が一番ゴージャス感はあったのですが、反面やや古臭さも。基本的な設計の年次の古さなのでしょうかねぇ。

ちなみに…2シリーズのディーゼル車には4駆の設定がありませんでしたが、来年早々あたりから導入される可能性もあるとのこと。アクティブツアラーだと狭いのですが、グランツアラーなら3列目を倒して使えば広い荷室も確保できるのでいいかも。でも見た目は現行BMWの中で一番恰好が悪い気がするのが悩ましい。
となるとバランスでX1という選択肢が浮上するワケですが、FFベースで4気筒のディーゼルと考えると、これまでのBMWに対する私のイメージから実は一番遠いんだよなぁと、「何をいまさら」的な思いも心の片隅に浮かんだりするワケで(苦笑

いやはや…ですな(^^A


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する